【小学生になっても虫歯ゼロ】虫歯にならないために取組んだ3つのこと

虫歯にならないために

私の子供は小学校3年生と1年生ですが、幸いにも2人とも生まれてから虫歯になったことがありません

体のどの部位はどれも大切なのですが、自分と妻の経験からやはり歯はとても大切だという思いから、歯については生まれたときからいろいろと習慣づけて取り込んできたことがあります。

その成果なのだと思うのですが、実際2人ともに小学生になってからも虫歯になってないことで、この2人のサンプルからもこの方法で取り組んできたのが正解だったのではないかと思っています。

私たちもいろんなサイトやテレビで聞いたことや調べたことをやってきただけではありますが、その内容について共有させて頂こうと思います。

※ただこればっかりは、これから記載することをやったからといって、当に虫歯にならない子になるかどうかはわかりません。一人一人の体質などもあるので、あくまで体験談として参考にしてもらえれば思います。

とにかく3歳まではチューはガマン

私たちが特に意識してきたのは、虫歯の菌を子供の口の中にいれさせないことです、

ここを3歳までの間は徹底させることです

とにかく菌をいれさせないようにすること。

3歳までに虫歯菌が体内に入らなければ、それ以降は虫歯になりにくい体質になるということを聞いていろいろ調べて、私たちは実践を始めました。

菌はどんな経路で子供の口の中に入ってくるのかというと、3歳までの間では口移しによるものが一番だと思います、

具体的にどんなことを注意してきたかといいますと、「チュー」「お箸・スプーン・フォーク」です。

口と口のチュー

3歳までの一番可愛い時に親としては、もう毎日でもチューをしたくなりますよね。

通常のチューはほっぺたがメインかと思いますが、たまに口と口でチューしたくなるものです。

でもここは3歳までは我慢です。

既に虫歯を経験していて虫歯菌のある大人とチューをしてしまったら、大切な我が子に虫歯菌を注入してしまうことになります

そんなディープなチューをするわけでもないのに菌が感染るんかいな?っと思うかもしれませんが、唇と唇で軽くチューをしただけでも虫歯菌が子供の唇から流入してしまう恐れがあります。目に見えない菌ですから、どこでどう体内に入っていくかわかりません。

我が娘のファーストキスはパパとするんだっとか言って、パパがここでチューをしてしまうと、、、
この独りよがりな行動が娘にとって虫歯菌が体内に入ってしまうという非常に大きな脅威となります

子供のほうからチューをしてくる時もあると思います。

可愛い我が子からのチューのリクエストなんて、こんなに嬉しいことはないんですけど、これも我慢してほっぺにするように誘導しましょう。

じいじばあばには要注意

一番注意しなければならないのが、じいじばあばです。

正月などで帰省したときなんかは、久しぶりに孫に会うじいじとばあばは嬉しくてたまらない状況です

抱っこするのが嬉しくて嬉しくて、ギュッと抱きしめるとホント幸せな気分になるんだと思います。
やはり孫は可愛いもんですよね

でもそんな溺愛してる時こそ要注意。

思わずどこかの タイミングで口にチューをされてしまう危険があります。

我が子の大切なファーストキス、自分がしたせいで虫歯菌が入るならまだしも、じいじとばあばにファーストキスを奪われた上に虫歯菌まで注入されたらたまったもんじゃありません。

特に妻のお父さんお母さんだと言いにくいですよね。逆もしかりですけど。

ここは夫婦で協力して、子供のために虫歯菌をうつしたくないから口と口のチューは絶対やらないで!っと、きっちりと宣言しておくようにしましょう。

でも、これを言われてなかなか理解を得られない場合もあるかもしれません。

言い方次第では、何か子供に悪い菌を与えているようなイメージを持たれて(まあその通りなんですけど)いい気分はしないと思われるかもしれません。

でも、ここは「子供のこれからのためを全面に打ち出して大義名分を貫きましょう
一番大事なのは、子供たちの今後のことだということを理解してもらうようにしましょう。

食器を共有しないことを徹底する

これも口から虫歯菌が入る大きな経路になります。

3歳までは子供が食べる食器は専用のものを使わせるようにしましょう。

これは先程の口と口のチューよりもハードルが高いので、強い意志と根気が必要になってきます。

ミルクや離乳食のときは当然子供専用になるので、特に考慮するようなケースは少ないと思うのですが、大人と同じものを食べるようになってきたときからは要注意です

何か取り分けしたりするときに、大人のお箸で取り分けしてそのままお口にアーンってやりますよね。

ここで大人のお箸の先っちょから虫歯菌が流入してしまうんです。困ったもんですよね。。。

とは言っても、、、

なかなか厳密には出来ないところがあると思います。

私たちもうっかり間違えて大人のお箸で取り分けしたものを子供にあげたことはあったかもしれません。

こればっかりは目に見えない菌が入ったかどうかなので正直わからないんですが、私たちは出来る限り子供の口に入れる食器は子供専用のものを使うようにしてきました。

ここでも”じいじ”と”ばあば”には要注意

これも先に言っておいて注意しておかないと、ばあばの使った箸でアーンとかされてしまいます。

夫婦の子育て方針だということで、しっかり最初に話をしておいたほうがよいと思います。

チューもだめ、アーンもだめ、ってことで少し理解されない部分もあるかもしれませんが、ここは子供のこれからのことを優先したいところです。

とても面倒で手間のかかることだと思いますが、ここを徹底してきたのが現在に至っているのではないかなと思っています。

仕上げ磨きとフロスの習慣

前回の記事にて、毎晩の寝る前には歯磨きの仕上げ磨きとフロスをやることを習慣にしているということを記載しました。

パパの寝起きの臭さについて考えてみる

パパの鼻息の臭さについて考えてみる

これも毎日コツコツと根気強くやっていかないといけないことですが、とにかく早く親子双方で習慣にしてしまうことが大切だと思います。

人はある行動を習慣化するまでには3週間必要だと言われています

逆に言えば習慣にしたい行動を3週間続ければ、それが習慣になりやすいということです。

子供は特に小さい頃に親がしてくれたことは、その行動自体が当たり前の行動として認識されるはずなので、ここは親が頑張って早く習慣化させるようにしたいですね。

もちろん夫婦で協力が必要です。

我が家の場合は平日は私の帰りが遅いので、妻が寝る前に毎晩仕上げ磨きとフロスまでやってくれます。
休みの日は私がなるべくやるようにしています。

ここは夫婦で協力して習慣にし、フロスまでやらないとなんだか気持ちわるいと、子供の方から言ってくるくらいまで続けることが出来たら成功です。

定期検診をしっかり受ける

毎晩ちゃんと仕上げ磨きとフロスをしていても、自分たちでは取れない歯垢はどうしてもあるものです。
ここは歯医者さんの力を借りるしかありません。

定期的に歯の掃除をしに歯医者さんに行くようにしたいものです。

虫歯ができると、削ったり麻酔の注射をしたりして、とても痛いですよね。

そうならないために、定期的に歯の掃除をしておけば痛い思いをしなくて済むということを、子供に理解させるようにするといいと思います。

もしくは歯を削ることや注射をすることの怖さを知らせておくというのもよいかもしれません。

全ては我が子のこれからのために

私たちの子供の頃は今のように歯に対してあまり意識が高くなかったかと思います。

私もたくさん虫歯がありますし、銀歯がたくさんあります。大人になっても歯医者に通うことで多くの貴重な時間が奪われたように思います。

虫歯になって歯医者に治療にいく時間は、多くの人が必要としていない時間だと思います。

それに一度歯医者にかかると、毎週毎週何度も通わなくてはならなくて、
人生の貴重な時間は、歯の治療にはなるべく費やしたくはないものだと私は思います。

3歳までに虫歯菌がない子供は大きくなっても虫歯になりにくい傾向があるということなので、必要としない多くの時間を費やさなくて済むようになるのではないかと思います。

すでに大人になってしまった我々はそのような時間は取り戻せないですが、

これからの将来のある子供のために、このような親の知識や経験を使うことで、我が子にはより有意義な時間を費やすことができればと願っています

どなたの役にたつかわかりませんが、お役に立てれば幸いです。

以下のTwitterアカウントでもたまに呟いてます。
https://twitter.com/kosodate_enjoy