kazoku.jpg

お祖母ちゃんとの再会



家内と子供たちは帰省中。



 

残念ながらパパは

お仕事の都合がつかず、

一緒できなかったのです。

 

でも、ママのメールを見て、

行って良かったなと思います。

 





 

一番心配なのは、

何と云っても離れて暮らしている

親の事です。

 

 

最近ではメールや携帯電話という

便利なツールのお陰でいつでも

どこでも連絡が取れるようになっています。

 

文明社会に育って良かったなと思う瞬間です。

 

 

でも、いくら普段連絡を取っていても

直接顔を見るのは

また格別なものです。

 

子供たちも大喜びです。

 

 

久しぶりにお祖母ちゃんと会える、

美味しいモノが食べれる

バスや電車、

船に乗れる と楽しみはいっぱいあります。

 

 

 

そんな子供達のはしゃぐ姿を見ると、

嬉しくなりますね。

 

もっと子供に色々な楽しみを

与えて上げたいと思うのが

親心です。

 

お祖母ちゃんも

大きくなった子供たちを見て、

涙目で感動していたと

いうことです。

 

 

残念ながら三日ほどしか滞在できませんが、

十分に堪能して

きて下さいね。

 

私も旅は大好きですが、

仕事が忙しく最近では家族旅行も

なかなか

行けないというのが実情です。

 

 

今回は妻と子供たちだけになってしまいましたが、

夏休みの大きな

思い出の一つになったと思います。

 

今度はパパも一緒に行くからネ。

(来年こそは 一緒だよ。 ねっ パパ)



 

 

と大声で叫びたい所ですが、

子供たちは記憶力がいいので

親が行ったことは良く覚えています。

 

へたに言うと、命取りになるので

下手な事は言えません。

 

約束を破ることになるからです。

 

いつも子供たちに

約束は守りなさい と言っている手前、

親が

子供に言った事を守れないのでは

示しが付かないのです。

 

最近ではそんなコトバ一つも

慎重に出すようにしています。

 

これも私の子育て、あるいは躾の一貫なのです。

 

子供の心に

「パパは約束した事は必ず果たしてくれる」

という

のを植え付けたいと思います。

 

そして子供たちにもそういう風に育って欲しいと思うのです。

 

有言実行というのは本当に難しいことです。

 

でも、それを家族の中で実行できないのに、

職場や他の場所で

実行できるはずがありません。

 

まずは家族という小さな単位でもいいから、

言ったことを実行する力を

つけていきたいですね。

 

 

 



 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ