kazoku.jpg

卓球団体の快挙

またまたオリンピックの話題で恐縮です。

 

あなたも良く知っている卓球の福原愛選手。

 

三歳の頃から卓球を始めたという彼女はこれまで随分と

マスコミに取り上げられてきました。



全日本では優勝経験があるものの、世界ではまだメダルを

手にした事がなかったですね。

 

今回のオリンピックでは団体で見事にメダルを獲得しました。

 

注目されればされるほど、選手というのはプレッシャーが

かかります。

 

彼女もそんな一人だったかもしれません。

 

何しろマスコミが彼女に注目したのはまだ彼女が小学生の低学年の

頃だったような記憶があります。

 

それでも、彼女は努力に努力を重ね、日本の頂点にまで上り詰めて

いきました。

 

でも、世界の壁は厚く、なかなかその壁を乗り越える事が出来なかったのです。

 

でも、今回は個人ではありませんが、団体で初めて日本にメダルを

もたらしてくれたのです。

 

そんな彼女がインタビューで言っていた内容ですが・・・

 

「自分から逃げていた」

「楽しようとしていた」

 

というコトバです。

 

昨年自分より年下の選手に負けた事により、何が自分に足りないかを

真剣に考えたという事でした

 

そして出た答えが、上の二つだったのです。

 

よくよく考えてみれば、私たち凡人にはよくあることですね。

 

しんどい事から逃げる、自己逃避、楽な事しかしない

 

私の周りにもそんな人はいっぱいいます。

 

でも、自分に返してみるとどうなのか?

 

私にもあるんです。知らず知らずの間に、自分を見つめずに

逃げている、楽をしている。

 

今日のインタビューをたまたま見ていた私ですが、自分自身を

見直すきっかけを与えて貰ったような気がしたのです。

 

 

後半の人生をもっと面白い人生に、もっと意義ある人生に

もっと生きがいのある人生に、もっと幸せな人生に・・・・・

 

その為には、もっともっと自分を鍛えていかなくてはならない。

 

最近暑いという事もあり、多少サボり気味だった私ですが

また明日から頑張りたいと思います。

 

今日の福原愛さんのインタビューで自分を見直すきっかけを

頂くことが出来ました。

 

ホントウに感謝、感謝です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ