kazoku.jpg

夫婦喧嘩の原因はたったの三つ

突然ですが・・・

なたは夫婦喧嘩をよくしますか?





「喧嘩するほど仲がいい」と言われますが、

あまりにも夫婦喧嘩が日常茶飯事だと、

そのうち「離婚だ!」ということにもなりかねないですね。

 

ひとつ屋根の下に暮らす夫婦なのですから、

仲良くやっていきたいもの。

 

夫婦喧嘩があまりにも多発するというカップルは

なぜ喧嘩が起こるのか

というメカニズムを知ることも必要です。

 

私たち夫婦は今でこそ

殆ど喧嘩をする事はなくなりました。

 

でも、結婚当初はよくぶつかったものです。

 

今となっては、それが良かったと思っています。

 

ぶつかった事によって

お互いの価値観が確認でき、

お互いの事が

より理解出来るようになったからです。

 

 

例えば、夫婦喧嘩の原因というのは・・・・

夫が家事や子育てに非協力的、

お金の問題、さまざまな価値観の違い……などなど、

原因は無限にあるように思われます。

 

でも、ある統計によれば、

喧嘩の原因というのは、

以下の3つに集約できるとの事です。

 

 

1.相手を否定する、批判する
2.押しつける、強要する
3.無視する

 

 

確かに言われてみれば、そうだなって納得します。

 

まず一番目の相手を否定する、批判する という事ですが

これは夫婦の中で何があっても

してはいけない事だと思うのです。

 

家庭に中においては、夫と妻、子供がいれば父親、母親という

役割を少なくても果たさなければいけません。

 

よくドラマなどでありますが、

お母さんが子供に勉強させる為に

云うコトバ・・・

 

「お父さんみたいになりたいの」

 「お父さんみたいな二流大学しか

出ていないといい所に就職できないよ」

「お父さんみたいに安月給に

甘んじたくなければ

一生懸命勉強していい大学に入りなさい」 などなど

 



 

どこの家庭でもありそうな

シチュエーションですが、

あなたの家庭では

こんな会話はされていませんか?

 

もし、母親が子供に対して

こんな会話をしているのであれば

完全にお父さんの立場を否定し、批判していますね。

 

母親が父親に対して、こんな感情を持っていればいい夫婦

関係が構築できるはずがないのです。

 

二番目の押しつける、強要するという事に関してですが

これも良くあるパターンですね。

 

例えば、妻が家事をしなければいけない。あらゴミは必ず

妻が出さないといけない、夫が帰宅した時には何が

あろうと食事の準備を出来ていないといけない などなど。

 

これも、役割分担がされているようですが、

お互いの理解が

ないまま、義務的に決めているに過ぎません。

 

私の家庭では、どちらかが気が付いた方がやる・・・

そんなスタンスです。

 

 

例えば、部屋の掃除や風呂掃除、夫がしてもいいじゃ

ありませんか?

 

子供にそんなお父さんの姿を見せることは

決して恥ずかしい

事ではありません。

 

もし、恥ずかしいなら、小さな事から始めていけばいいと

思います。

 

 

最後に、「無視する」という事ですが

これは既に夫婦

関係が壊れている可能性が高いです。

 

 

まずは、挨拶から始める、そしてどんな世間話からでも

いいので、話をするという所から始めた方がいいですね。

 

私の家庭では、どんな小さな事でも連絡もするし、

お互いの

意見を云うようにしています。

 

日常からお互いの価値観を

すり合わせる努力を積み重ねて

いるのです。

 

私は、夫婦というのは互いの価値観が

七割~八割合致して

いれば合格かなって思っています。

 

もし、互いの価値感が

半分も満たないというのであれば

これから長い人生を一緒に

過ごしていくのは難しいのでは

ないかと思います。

 

でも、心配はいりません。

 

時間をかけてゆっくりと話をしていけば、

価値観をすり合わせる

事は出来ます。

 

夫婦関係は即子供にも影響します。

 

子供にとっていいお父さん、

お母さんでいる為にも、

いい夫婦

関係を築いていきたいですね。

 

 



 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ