kazoku.jpg

待ちに待ったオリンピック開催

いよいよ待ちに待った

オリンピックの開催です。

 



 

先日は、サッカー代表が

スペインに勝利したと云う事で

幸先の良いスタートを切りました。

 



日本にどれだけのメダルをもたらしてくれるかを

大いに期待したいと思います。

 

でも、私はマスコミの

過度な報道は好きではありません。

 

 

金メダル、金メダルと騒ぎ立てるのは、

選手に過度な

プレッシャーを与え、本来の力を

発揮出来なくなる

可能性があると思うのです。

 

例えば、体操の内村選手のように

プレッシャーを一切

感じないという選手ならば

煽ってもいいと思いますが

普通の神経であれば

緊張して当たり前なのです。

 

私も学生時代にスポーツの経験があります。



 

私の場合は、関西学生大会で準優勝、そして

全日本学生大会ではベスト16までいきました。

 

でも、いざ競技の前になるとすごく緊張します。 :roll:

 

 

一番最初に競技に出場した際には、

足が震えたような

感覚を覚えています。

 

大勢の観客の前で演技をするという事はそれだけで

緊張するものなのです。

 

まして、その選手の活躍を見る為に家族や友人、

そして多くのサポーターがいれば、更に緊張するのは

当たり前の事です。

 

実際に競技をした事のない人にはわからない事ですが

選手というのは、プレッシャーとの戦いなのです。

 

結局は、自分との戦いになります。

 

自分との戦いに勝ち、本来の演技が出来ればいい

成績を残すことが出来るし、自分に負け、プレッシャーに

押しつぶされれば、結果は無残なものになります。

 

 

ましてオリンピックともなると、四年間の集大成です。

 

四年間戦い続けて、ようやくオリンピックと言う大舞台に

立っているのです。

 

それだけでも大したものだと私は思います。

 

日本の代表なのですから・・・・



 

その地位というのは、競技するモノなら誰もが

憧れますが、皆が皆その地位を

得ることは出来ないのです。

 

元々才能があるアスリートが努力に努力を重ねて

結果、辿りつく狭いゴールなのです。

 

 

人により、応援する種目や選手は違うと思いますが

勝っても負けても一生懸命に演技する選手を見守り

応援してあげようではありませんか!!

 

 

「勝負は時の運」とは良く云ったものです。

 

どの種目の誰が栄冠を掴むかを、

時間の許す限り

見届けようではありませんか!!

 

 



 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ