kazoku.jpg

本格的な夏、そして節電の季節

いよいよ本格的な夏を

迎えましたね。



 

日本列島は連日、35度を超える

猛暑日が続いています。

 

不幸にも、熱中症で

お亡くなりになった方もいらっしゃいます。

 

老いも若きも熱中症の対策が必要です。

 



世間では、節電、節電とうるさく言われますが、

高齢者の方の

無理な節電は命取りにもなりかねません。

 

熱中症は部屋の中でも起こります。

 

暑いのに無理してエアコンをかけないと、

本当に命取りになります。

 



 

我が家でも

昼間は極力

エアコンは入れないようにしています。

 

それは

節電対策、昼は電気料金が高い事、

出来るだけ子供たちに

自然な状態を経験させること、

損な事を考えながら昼間は

エアコンをかけないようにしています。

 

でも、夕方になり、

食事が終わるとエアコンをかけて部屋の中の

温度を下げて、

快適な睡眠環境を作るようにしています。



 

 

各家庭でそれぞれの考えがあるでしょうが、

我が家ではそのように

しています。

 

子供は元々体温が高いので、

大人以上に汗をかきます。

 

息子は汗疹がいっぱい出来ています。

 

まだそんなにひどくはなっていませんが、

こまめに汗を拭きとる

帰宅したら

冷たいシャワーを浴びるなどの対策をしています。

 

子供も小学生くらいになると、

外で遊ぶことが多くなります。

 

当然子供は自分で肌の手入れなんかしませんから、

帰宅後は、汗とドロにまみれ、

冬はひじや膝などの肌の表面が

カサカサになるなど、外的環境によって、

肌の機能を損ねることが

多くなります。

 

気を付けて頂きたいのは、

子供は皮脂が少ないので

乾燥肌になりやすいという事です。

 

対策としては、夏場は、

こまめな入浴、

冬場は入浴後に

保湿クリームなどを塗ってあげるなど、

季節や状況により

対処した方がいいですね。

 

あなたは どんな 対策していますか?

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ