kazoku.jpg

今日は土曜の丑の日、でも世界では・・・・

 

今日は土用の丑の日、

昨日に引き続き、

炎天下が続く



日本国内にあって、

うなぎでも食べて元気を出そう・・・

という人も多いと思います。

 



でも、日本の食文化を守る上で

気になる動きがあります。



ワシントン条約というモノがあり、

これは絶滅の恐れがある

生物の国際的な取引を

規制する条約なのですが、

その対象にウナギを加える事を

検討しているというのです。

 

 

日本で広く食べられいる

ニホンウナギが含まれるかどうか

これによって日本の古くからの

食文化が守られるか

崩壊するか・・・

今や食も日本だけの自由にならないという

のが実情なのです。





 

2013年3月に開催される

ワシントン条約の会議に

議題として提出するかどうかは、

この秋に決定するとの事。

 

 

今や、ニホンウナギは

中国や台湾から養殖を輸入している

日本ですが、悪い方向に進めば、

輸入量が規制されて

かなり値段が上がる事が予想されます。

 

ウナギが好きな人にとっては

大きな痛手です。

 

日本人が大好きな

マグロやウナギに輸入規制がかかれば

日本の伝統的な食文化にかなりの

影響が出るのは必至です。

 

 

何とか政府関係者に踏ん張って欲しいところです。



 

いずれにしても、

消費税が上がる事がほぼ決定し庶民の

生活はますます圧迫されていきます。

 

その中にあって、

食べる楽しみまで奪われたら・・・・ 😯

 

 

うなぎが庶民の手が届かない

高級食材にならないように

中国や台湾とも協力して

早めの対策をしてもらいたいですね。

 

私の娘や息子は、

まだウナギやマグロを食べる年齢では

ないですが、日本人が長年培ってきた

食文化をいい形で受け継いでいく為にも、伝統の食文化を守る為の

戦略をしっかりと考えて欲しいと思います。











このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ