kazoku.jpg

若いお母さん方はおしゃべりがお好き!!

私は通勤する際に、

いくつかの駐車場の前を通過しながら

自宅近くの駅に向かいます。



つい先日の事です。

 

 



 

小さいお子さんが連れた

二十代と思われるお母さん方が

駐車場の中で立ち話をしているのです。



子供さんは4人から5人くらいはいたでしょうか?

 

駐車場の中で、走り回っています。

 

その間、お母さん達は、

話に夢中で子供たちの事は

お構いなしです。

 

あーあー、危ないなーと

心の中で思ってしまいます。



 

朝の八時前後、ちょうど出勤の為に

車が動き出す時間帯です。

 

もし、運転者が子供の存在に気付かずに車を動かせば・・・・

 

考えただけでも、ぞっとします。

 

若いお母さんだから、

危険なのがわからないのかなーと思ったりもします。

 

でも、普通で考えれば

わかるよね というレベルの話だと思うのです。

 

 

今回はたまたま駐車場の中の話ですが、この類の話は

巷ではごろごろ転がっています。

 

その度に思うのは、最悪の事態を想定して子供を守るという

意識をもっと持って欲しいということです。

 



私は子供と一緒に出かける時は、

何があっても子供の安全を

最優先します。

 

そして、常に事故などの

最悪の状況を想定しながら

子供の行動には最新の注意を

払っています。

 

そこまでしなくていいでしょ!! という声が

聞こえてきそうですが

そんな事はありません。

 

最近の日本では、

歩道を普通に歩いていても自転車が

ぶつかってくる、車が急に車道に

突っ込んでくるという事例も

あるのです。

 

もしかの事故や事件に備えて、

常に心の準備をしておくと

云うのは必要なことです。

 

あの時、ああしていたら・・・・

なんていう後悔は絶対にしたくないからです。

 

子供は親の宝、社会の宝、日本の宝、

もっと言えば世界中の

宝なのです。



 

その潜在能力は、ものすごいモノがあります。

 

大切に大切に育てて、次世代に命を受け継いでいく、

それが

私たち親の務めです。

 

子育てをしている時には、色々なことがあります。

 

親も人間ですから、子供に腹が立つことだってあります。

 

でも、子供も同じなのです。

 

子供心に、親にもっとこうして欲しい、ああして欲しいと

いう希望や願いがあるかもしれません。

 

日々、子供と対話して様子を観察し、その成長に

感動しながら、いい子育てをしたいですね。

 

 



 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ