kazoku.jpg

危険な儲け話に安易に乗ると・・・・



今朝の読売新聞の一面に

ブックメーカー投資に絡む

詐欺事件が取り上げられていました。









 

新聞の説明では少しわかりずらいので、

この場を

お借りしてわかりやすく説明しておこうと思います。

 

ブックメーカーというのは

英国で生まれたスポーツ

対象としたギャンブルです





 

ご存じの通り、紳士の国、

英国では競馬も盛んですが

ブックメーカーは、

あらゆるスポーツが対象になります。

 

 

ボクシングやバスケット、

野球、サッカーなどあらゆる

スポーツがその対象となるのです。



 

日本で言えば、サッカーのトトくじがありますが、

あの規模を大きくしたモノと思えばわかりやすいですね。

 

ただ日本のサッカーくじと違うのは、

ブックメーカーは

ほぼ毎日行われるということですね。

 

そしてブックメーカの一つとして

両建てが出来ると云うのが

あります。

 

両建てというのは、

賭けの対象となる二つのモノに

両方とも賭ける事が出来るという事です。

 

ですから、例えば一万円を賭けるとすれば

片方を

六千円、もう片方を四千円という風に

賭け率に合わせて

お金を調整することによって、

損がしにくいという特徴が

あるのです。

 

ですから、その事を誇大広告しようとすれば

100%負けなしの

究極のギャンブル 云々と云う事が出来るのです。

 

確かに両建てするのですから、負けることはないです。

 

但し、損失を出すことはあり得ます。

 

また、ブックメーカーを扱っている会社は

英国国内では

100社とも200社とも言われています。



 

その中でも優良企業と云われているのは、

ほんの一握りに

過ぎません。

 

悪徳業者だと、利益が出ているのに、

払い戻しをしなかったり

金額を誤魔化す なーんてこともあるのです。

 



また、各社とも手数料が

その都度かかるので、結局は

それなりの金額を賭けることが

出来るお金持ちしか儲からない

構図になっているのです。 😯

 

 

今回は、ブックメーカーが取り上げられていますが、

日本人は

この類の投資話に引っ掛かりやすいですね。

 

色々な騙しがありますが、

結局は努力をしないとお金儲けは

出来ないということですね。

 

ブックメーカーに興味のある方はこちらをどうぞ

 

↓ ↓ ↓


 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ