kazoku.jpg

私の読書法と記憶術をご紹介します!!

 

私は20代の頃から、

自己啓発というコトバが好きで

自分なりの自己啓発を行ってきました。

 

今まで、本当に色々な事にチャレンジしてきました。



 



また、それなりに お金もかけてきました。

 

独身時代は、貰った給料は

全て自分で使えたので

自己投資をしてきました。

 

速読の講座、速聴の教材、各種セミナーの受講など

数え上げればキリがありません。

 

それで、最終的に行きついたのは、

以前にご紹介した

ブレインダンプとマインドマップを

融合させた方法です。

 

例えば、読書をしたら、マインとマップで読書の内容を

まとめます。

 

それにより、

単に読むよりも格段に読書内容が

頭に入り、読書で学んだことが

使えるようになるのです。

 

また、読書の内容を記憶するのにもマインドマップは

役立ちます。

 

私の読書の目的は趣味ではありません。

 

必要な事を学ぶ為に読書をするので、

読書した内容を

頭に入れ、使えるようにしないと

意味がないのです。

 

その読書の目的を考えると

読書した後に、その内容をまとめ

頭に記憶させる

事が必要になってくるのです。

 

マインドマップはイギリスの

トニーブサン氏が発明した方法で

日本に導入されて7年位の年月が経ちます。

 

ビジネスマンの殆どがこの方法を使っていると云っても

過言ではありません。

 

私も自分で使っていて思うのですが、

本当に便利です。

 

 

また最近では、

無料で使えるマインドマップのソフト

あります。

 

私が使っているソフトはxマインドというソフトです。

 

興味のある方はこちらからダウンロードしてください。

 

XMind – ダウンロード

 

ダウンロードされましたら、使い方のマニュアルは

同封されています。

 

手書きもいいですが、このソフトだと作ったマインドマップを

保存することが出来るので便利です。

 

人間の思考は、放射線上に伸びていきます。

 

 

ですから、箇条書きで書くよりも、

一つのテーマを

真ん中に書き、

そこから思考を広げていった方がいい

アイデアが出るのです。

 

もし、もっと詳しい使い方を知りたいという方は

こちらをどうぞ

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ