kazoku.jpg

いよいよ夏休み、宿題をどう片づけるか?

いよいよ今日から夏休みです。

 

子供たちにとっては、長くて楽しい夏休みです。



でも、親に取ってみれば、ある意味大変な期間です。

 

特にお母さん方は大変だと思います。

 

男性には分からない部分だと思いますが、朝から晩までずっと

子供たちは家にいるのです。

 

食事の準備、普段よりも増える洗濯の量、子供と一緒に行う宿題の管理

学校に行かない分、親の負担は大きくなるのです。

 

 

父親も、お母さんが普段よりも大変なのをよーく理解して

助けてあげたいものです。

 

でも、我が家では、一つだけ助かることがあります。

 

子供たち、特に上のまゆりんは小学校の三年生ですが、入学時から

学校の宿題は自主的に行うのです。

 

そんな風に親がしつけをした訳ではないのです。

 

外に遊びに行く前に、先に宿題を片付ける、勉強してから

遊びに行く・・・・・・ そんないい習慣が根付いているのです。

 

 

上がそうですから、下のこうちゃんも、自然とそうなっていきます。

 

 

そして、こうちゃんがわからない部分は、まゆりんが教えてあげる・・・

そんないい構図が出来あがっているのです。

 

 

そして夏休みが三分の一ほど終わった時点で、学校から

与えられた宿題は片付いてしまいます。

 

 

でも、ここからは、我が家の宿題です。

 

 

書店で、ドリルを買ってきたり、図書館に行って本を

借りてきたり、自主的な学習に切り替わるのです。

 

 

私も家内には、学校の宿題の三倍くらいは勉強させるよう

お願いしています。

 

 

小学校で習う学習科目や、その内容はいずれも基礎学力を

付けるには必須のものばかりです。

 

 

だからこそ、この時期にしっかりと基礎学力を付けておく

必要があるのです。

 

 

夏休み前と夏休み後の子供の学力がどれくらい伸びるのかが

今からホントウに楽しみです。

 

 

学ぶことは成長することに繋がります。

 

 

40日間という期間で、どれくらい成長してくれるか

これが親にとって一番楽しみです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ