kazoku.jpg

子供の性格を把握する!!

 

私の家でほぼ毎日

繰り広げられているバトルがあります

 

こんな感じです。

+((*’艸`★))+:



まゆりん    「こうちゃん、勝手に使わないで・・・・」

 

こうちゃん    「ちょっとくらいいやんっー」

 

まゆりん    「 ダメ、勝手に使わないで・・・・」

 

こうちゃん    「いいやんっ!!少しくらい触っても・・・」

 

まゆりん    「 バシッ!!!!!」

(言っても言う事を聞かないので、とうとう手が出る)

 

こうちゃん    「 ワーン、ママ、まゆりんが叩いたー!!」

 

ママmaya      「もう、毎日、毎日同じ事ばかり繰り返して!!」

 

「まゆりんも叩かないでもいいでしょう!!」

 

「こうちゃんは、使いたいと思ったら、一言いいなさい。」

 

と、こんな具合です。



娘、まゆりんは独占欲がすごく強いです。

 

とにかく自分のモノは

人に触って欲しくない、

特に勝手に触ったり

遊んだりしていると

すごく腹が立つようです。

 

 

こうちゃんは、人のモノであろうとお構いなし。

いちいちお伺いを立てなくても

いいでしょう って云うタイプです。

 

さて、この独占欲の強いことは、

私はすごく心配なのです。

 

かと言って、元々そういう性格を

持っているので、それを治すのは

とても難しいことです。

 

娘がもう少し高学年になった時に、

学校の友達と揉め事を起こすんじゃないか?

 

いじめの対象になるんじゃないかと

今から心配してしまいます。

 

また、ちゃっかりしている所もあって、

計算がとても早いのです。

 

その点、こうちゃんは人が良すぎて、

二人で遊んでいてもいつも損ばかり

しています。

 

娘は意図的に少しでも自分が得するように、

ゲーム等をしますが

こうちゃんはまだそこまでの執着心がないのです。

 

完全に人に騙されやすいタイプですね。

((((;´・ω・`)))

 

子供たちが遊んでいるのを見ていると、

色々と気付きがあります。

 

そして、前述したような性格の

分析まで出来てしまうのです。

 

親として将来に問題を起こしそうな種は

出来るだけ摘み取ってしまいたい

という衝動に駆られます。

 

でも、摘み取るのが難しいモノもあります。

 

正直言って、親年齢八歳の私には、

今のところ解決策はありません。

 

子供の成長に合わせて、

自分の親年齢も上げていくしかないのです。

 

親としてもっと、親年齢を上げたい、

そんな風に想う今日この頃です。

 



 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ