kazoku.jpg

子供に携帯電話を持たせる適齢期は?

最近の子供たちの話題は、

私たちが子供の頃とは明らかに違います。

 

その一つが携帯電話。





携帯会社各社の売り込みの上手さもあり、

最近では小学生でも携帯

電話を持っているのは珍しくありません。

 

我が家でも、

子どもたちは携帯電話に興味深々です。

 

一時期は、

おもちゃの携帯電話を持って

遊んでいたこともあります。

 

では、一体いつになったら、

携帯電話を持たせればいいのか?

 

答えはありません。

 

各家庭での実情に合わせて

持たせるしかないと思うのです。

 

ここで私の友人の一例です。

 

私の友人は娘さんが一人だけという

一人っ子です。

 

家から小学校に通うのが、

歩いて20分くらいかかり、心配した

私の友人は、小学校に入学と同時に、

娘さんに携帯電話を

持たせるようにしたらしいのです。

 

それから、数年経ち、

今では高校三年生になりました。

 

大体想像はつくと思いますが、

もう携帯電話を手放す事は

出来ないとの事。

 

ひどい時は、携帯使用料が

月額2万円近くになる事もあるとか・・・・

 

小遣いが少ないのに、

ますます小遣いを

減らされると嘆いていました。

 

でも、仕方ないんだよね。

 

携帯を持たせた方がいいって云ったのは、

僕だから・・・・・と半分諦め顔でしたが・・・・

 

ある日、娘さんの携帯電話の

請求書の内訳を見たそうです。

 

何と、一か月のパケット使用料は、

一千万パケット以上ということ。

 

これには、友人もビックリだったとの事。

 

それはそうですね。

金額にすれば一体いくらになるのか?

 

とても個人が払える額じゃありません。

 

パケ放題にしておいて助かった、

これが本音だと思います。

 

でも、お金よりも何よりも、

私が怖いと思うのは、

その情報量の多さです。

 

まだ、心も体も未成熟な未成年に対して、

情報は容赦なく振りかかります。

 

情報を取捨選択できる大人であれば、

いいと思いますが、もし出来なければ

情報の渦に溺れ、振り回され、

時には傷つくことになるかもしれないのです。



これからの時代はますます情報が氾濫していきます。

 

年だから、情報に付いていけない、、、、

では困るのです。

 

子供の成長と共に、親も成長していかなければ、、、

と切に思います。

 

私も機械類に決して強い方ではありません、

でも我が家には強い見方がいます。

 

そう、ママです。



我が家のママは、新しいモノが大好きです。

 

一体この人の頭の中は

どうなっているのだろうか????

 

私はそちらの方に興味深深ですが、

とにかく芸能情報から、

社会問題、色々な事を

知っています。

 

私も見習おう って思います。

 

子供の成長に合わせて、

親も成長していかなければ、、、

特にこれからの時代は・・・・

 

でも、子育って楽しいですね。

 

日々色々なことがありますが、

ワクワク、ドキドキしながら、子供と一緒に

成長していきましょう!!



そんなお父さん、お母さんの一生懸命な姿を

きっと息子、娘たちは見てくれていると

 

想います。

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ