kazoku.jpg

私の中学時代の話~その③

今でも記憶に残っていますが、

PTAの役員の親御さんたちが

毎日、時間を変えて教室の外で

生徒がまじめに授業を受ける

ように監視していました。





私へのいじめや暴力が始まったのは、

ちょうどその事でした。

 

生徒A  「お前の親父のお陰で俺たちは

     好きな事が出来なくなったんだ。

     どうしてくれるんだー!!」

 

私    「そんな事言われても、

     僕のせいじゃないから。」

 

生徒B   「何を生意気な事を言っているんだー

       このボケー!!」

 

私    「だったら真面目に授業を

      受ければいいじゃないか?」

 

生徒C   「 何をー!!!!!!」

 

そんなやりとりが、

頻繁に行われるようになりました。

 

当時、誰がPTAの会長であろうが、

そんなことは関係ない、興味ないという

生徒の間でも、●●の親父、PTAの会長なんだって。

 

そうかー!!

 

あいつの親父のお陰で、

PTAの連中が学校に来るようになったのかー!

 

当時の私が所属していたのは、

英語部、今のESSですね。

 

それと理科研究部でした。

 

勉強は比較的出来る方だったので、

余計にワル連中の神経を刺激

したと思います。

 

生徒A 「あいつ、結構勉強出来るらしいぜ・・・・」

 

生徒B 「ふーん、そうなんか?」

 

生徒C 「いっちょ、いじめてやるかー」

 

生徒D 「そうだなー!!」

 

そんな事がきっかけで

私に対するいじめが始まりました。

 

でも、当時のいじめは

今のいじめと比べるとさほど陰湿な

ものではなかったのです。

 

座ろうとした時に、椅子を引かれたり、

授業中にどこからともなく

消しゴムが飛んできたり、

わざとぶつかってきたり、

座布団の下に

押しピンが置いてあったり、

とその程度のことでした。

 

でも、一度目をつけられると

集団リンチに合う危険性はあったのですが・・・

 

運よく私はそれはなかったのです。

 

ただ、一度だけ、

ワルの一人に呼び出され、

授業が終わった校庭で

長い棒のようなもので

何回も叩かれたことはありました。

 

 

その日はもう悔しくて、悔しくて、

夜も寝れなかった記憶があります。

 

そんな事があった数年後に

父から聞いた話ですが・・・

 

そんな事があって帰宅した私は、

当然いつもと様子が違ったのです。

 

おやっ、いつもと何か違うなーと両親は感じたそうです。

 

それからしばらくして、

当時の担任の●●先生から電話があったとの事。

 

先生A 実は今日授業が終わった後、

息子さんが一人のワルに

暴力を受けました。

 

息子さんの様子はいかがでしたか?

変わった様子はありませんでしたか?

 

親父 いつもと少し様子が違ったので、

おかしいと思っていました。

そうですか?

そんなことがあったんですか?

わざわざお知らせいただきありがとうございます

 

先生A

本当に申し訳ありませんでした。

私も現場を見た訳ではないのですが、

ある生徒から通報があり

●●君に対する暴力沙汰がわかったのです。

以後、このような事がないように十分注意いたします。

 

親父  「 はい、よろしくお願いします。

    とにかく息子は負けず嫌いですから

    二、三日で立ち直ると

     想います。」

 

と、そんなやりとりがあったのです。



 

確かに私は、数日間は落ち込んでいましたが、

数日後には

見事に立ち直りました。

 

それから、新たな取り組みを始めたのです。

 

続く ~

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ