kazoku.jpg

いじめ~大きな社会問題

最近話題になっている

滋賀県大津市のいじめ問題。

 

次々と新しい事実がマスコミによって

公表され始めた。





もしこれらがすべて事実なら、

学校という存在って何?

って云う事になると思います。

 

基本的に学校は子供が

集団生活のルールを学んだり、

友達を作ったり、勉強をする

公共の場所だと思っています。



ところが、その実態は・・・・

 

教師がいじめを見て見ぬ振りをしたり、

マスコミにばれそうになると事実を

隠ぺいしたり、

生徒に事実を言わないように圧力をかけたり・・・・

学校の職員同士で申し合わせをしたり・・・

 

これまでにも、この種の問題は

たくさんありましたが、

多かれ少なかれ

この種の問題は殆どと言っていいくらい、

責任の転換、事実の隠ぺいなどが

行われてきたのです。

 

いつまでも、

そんな事を繰り返してはダメです。

 

何故なら、人の大切な命が失われているからです。

 

しかも、今回のいじめの実態が

明らかになればなるほど

とても中学生とは思えないほどの

悪質極まりないものです。

 

こんな事が日常的に行われ、

学校や教師が知らなかったでは

済まされるはずがありません。

 

行われてきた事実を明らかにして、

それをきちんと世間に

公表する。

 

その上で、処罰すべきものは処罰する。

 

責任が誰にあるかを明白にする

 

今後同様の事が起きないように、

学校や教育委員会が

対策を考える。

 

そういった措置が必要であると感じます。

 

親が安心して子供を学校に送ってあげる、

こんな当たり前の

状況を是非作り上げて欲しいと想うのです。

 

そして、子どもたちも、

もし、いじめなどが身近に起こった場合には

勇気を出して、そのいじめを止める、先生に報告する・・・

 

 

そんな勇気を是非持って欲しいと思うのです。

 

子供に勇気を持たせるのは、

家庭での躾、教育だと思います。

 

アニメや実際の学校での活動を通じて、

子どもに言い聞かせ

一歩踏み出す勇気を少しずつでもいいから、

持てるように育てる・・・

 

そんな教育こそが子供を守る事に

繋がると思います。

 

大切な子供の命、親や学校、社会が一体となって

守っていこうではありませんか!!



いじめをする子供、いじめを受ける子供、

どちら側になっても

結末は今回のように悲惨な結果を

生み出すのです。

 

学校に行くのが楽しくなるような、

そんな学校を子供と

親、そして教師や教育委員会、

一体となって

作り上げていくしかないのです。

 

すごく理想的な事を言っているとわかっていますが、

本当にそれしか方法はないのです。

 

組織は人間が作り上げるものなのです。

 

学校の中に、もし「いじめの芽」があれば、

それを摘み取る

子供同士が摘み取る、

先生が摘み取る、

親が摘み取る

 

何らかの方法で、摘み取るしか方法はないのです。

 



 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ