kazoku.jpg

子供の成長と親としての成長

私は子供と一緒に親としても成長していきたいと心から願っています。

 

私の子供は



が小学校三年生、

息子

が小学校一年生です。



年齢にして八歳と六歳です。

 

と言う事とは当たり前の事ですが、私が彼らの親になって

 

まだ八年しか経っていないのです。

 

人間としては数十年 生きている私ですが、親としてはまだまだ未熟です。

 

親としてこんな時、子供にどう接した方がいいのか?

 

日常の場面でそんな事はよくあります。

 

でも、問題にぶつかった時に、

その都度その問題から逃げずに子供の成長に一番

いいと想う選択をしていきたいと思っています。

 

今まで子供の躾に関しては今思い返しても恥ずかしい位、

たくさんの失敗を

してきました。

 

数年前の事です。

 

家族でカラオケに行った時の事です

 

私は元々オシャレで、外に出かける時は綺麗な服を着て、

オシャレに自分なりに

バシッと決めてお出かけする習慣がありました。

 

そしてカラオケを歌いながら飲食が始まりました。

 

楽しいひと時のはずが・・・・・

 

その時の事を再現してみます。

 

・masatoパパ   「まゆりん、もう少しジュースが入ったコップを手前に置かないとこぼすよー」

・まゆりん    「分かったー パパ。」

 

しばらくは、そんな調子でまゆりんは食べながら、ジュースを飲んでいました。

 

そして・・・・事件が起こったー!!!!

 

カラーン と音がして、ジュースが入ったコップは床に落ちていきました。

 

それと同時にまゆりんの横に座っていた私のズボンに大量のジュースが

かかったのです。

 

・masatoパパ

パシーンと咄嗟に手が出ました(怒

 

「だからコップを手前に置きなさいと言ったでしょうー

なんでジュースをこぼすの? なんでー!!!」

 

・まゆりん  「 ごめんなさい。ごめんなさい・・・ (泣)」

 

・masatoパパ  「ほんとー腹立つわー (怒)」

 

・mayaママ    「………」(一瞬の出来事だったので声も出ない様子)

 

 

これってアナタはどう感じますか?

 

私は手を出した後ですぐに思ったのです。

 

しまったー、子供相手に感情的になってしまった。

 

おまけに咄嗟に手を出してしまった。

 

たかが自分のズボンが汚れたくらいで・・・・・(悲)

 

まゆりん、ごめんね (と心の中で謝っていました。)

 

その事があってから私は二度と子供に服を汚されても感情的に怒る事は

なくなりました。

 

 

だって、当たり前ですよね。

 

小さい子供が食器を落としたり、親の服を汚したりするのは・・・

 

そんな当たり前のことを普通に受け入れればいいだけですからね。

 

 

それからの私は思うようにしたのです。

 

子供の年齢が八歳だとしたら、私の親年齢も八歳であると。

 

 

こーちゃんは まだ六歳です。

いたずら大好き、パパの肩車が大好きです。

 

彼に対する私の親年齢はまだ たったの六歳なのです。

 

 

子供の成長と共に、親の私の親年齢も上がっていくのです。

子供と日々関わり合いながら

私も親として成長していくのです。

 

 

子供の成長のスピードに負けないように私も親としても更に

スピードアップして成長を続けたいと思います。

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ