kazoku.jpg

ある電車の中の光景

ある日の電車の中の光景です。



 

母親と子供さんのグループが三組電車に乗り込んできました。



私たち家族はいつものように四人です。

 

お母さんたちは子供そっちのけで、ぺらぺらとおしゃべりをしています。

 

子供たちも数人いましたが、やりたいしたい放題で、

大きな声で話したり、電車の中だというのに

はしゃいでいます。

 

最近よく見る光景です。

 

子供たちの反応はと言うと・・・・小声で・・・

 

まゆりん 「自分の家みたいに大きな声で話しているね。

子供も人がいるのに大きな声を出したり、

はしゃいでいるのにお母さんは何も注意しないね。」

( -`Д´-;A)

 

パパ    「そうだね。パパがいつも言っているように

電車やバスの中というのは自分の家じゃないし、

他のお客さんも

たくさん乗っているから静かにしないとね。

でないと、他の人の迷惑になるからね。」

 

まゆりん   「そうだね。パパ。」

 

「私もパパやママと話す時は、

小さい声で周りの人に迷惑にならないように話すもんね。」

 

パパ     「 そうそう、まゆりんは、パパの言う事を

ちゃーんと理解してくれているからね。

よーし、ご褒美に何か買ってあげようか?」

 

ママ      「もう、パパはすぐにそうだから。

この前おもちゃ買ったばかりでしょ!」

 

まゆりん    「また、パパがママに怒られている!!(笑)」

 

すかさず、こーちゃんが横から・・・

 

こーちゃん    「パパはママによく怒られるなー!(笑)(笑)」

 

パパ           ・・・・・・・・

 

でも、本当に多いんですよ。

(ん? どっちがぁ??? 笑 )

 

お母さんたちが、自分たちの話に夢中になって

周りを全然見ていなくて、知らず知らずのうちに騒音を出して

周りのお客さんが嫌な思いをするっていうのが・・・

 

 

とは云え、私たちは乗り物に乗っている時は、

ずっと無言かと言うと、そんな事はありません。

 

 

いつものように、

「あっち向いてホイ」や「しりとりゲーム」を始める時もあります。

 

 

それも時と場合に応じてです。

ヽ(○`・v・)人(・v・´●)ノ

 

子供たちも、その辺りはよく理解出来るようになりました。

 

 

今は人があまり乗っていないから、

小さい声で話すなら大丈夫、しりとりしても大丈夫・・・

 

そんな風に子供なりに判断しているのです。

 

そして、時には車窓を眺めながら楽しんでいます。

 

ママはと言うと、そんな私たちの会話を聞きながら微笑んでいます。

 



 

そんなママの顔を見ながら、私は想うのです。

 

「いい家族になりつつあるなー」って。

 

もっともっと家族の絆を強めて、

家族同士で刺激し合って、成長出来ればいいなって。

 

あなたも幸せ家族を目指しませんか?

 

今まで出来ていなくても大丈夫です。

 

気持ちと接し方を変えれば何時からでも出来ますから、

私がそうであったように・・・

 

 



 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ