kazoku.jpg

子供の喧嘩が親の喧嘩

こんにちは

台風で天気も荒れていますが

日常生活でも気分が荒れてしまっている我が家。

一昨日、とうとう天気が我が家にも


転移してきましたwww

子供たちも もう小学校高学年

自我が目覚めて 日々 喧嘩の絶えなくなってきました。

性別が違うから 意見が食い違うのでしょうか?

あまりにも ひどい喧嘩だったので

夫婦で話し合おうと 相談しました。

ところが・・・・

夫婦も 性別が違うので

男性の心理としては・・・

いや 女性の心理としては・・・・

この やり取りで とうとう意見がぶつかってしまいました。

喧嘩

あまり 押し付けあうのもいやなので

冷静に判断するために この話題は

保留にしました。

しかし 性別によっての 意見の相違というのは

なかなか 判断が難しいものです。

どうしたものか・・・・

と 考えた時に フッと気づいたのです。

そのきっかけは 我が家の ワンちゃんたちです。

最近は 待て や お座り や おいで や よし!

の 言葉を認識して 行動できるようになりました。

が。。。。

ごはんをあげているときに 気づいたのです。

犬 だからこそ こういう態度で 接している自分がいることを

まじまじと感じたのです。

そうですよね。

お互い 性別が違うのは 変えられない事実。

だからこそ 男性だから こういう風に 言いやすい

行動しやすい とか こういう考え方をするんだよ。

という風に 女性だから・・・・

という感じで 仲裁に入ればいいのでは?と

思いついたのです。

けっして差別ではなく 男性的なモノの見方と

女性的なモノの見方というのは

明らかに違います。

そういう 性質を知る情報が 足りなかったために

理解しにくい関係が 喧嘩として発展したのだと

思うことができる様になりました。

今月は ワンちゃんの誕生日。

お礼もかねて プレゼント用意しなきゃねっ。

子供たちは どうなった?というと

ほとんど 喧嘩をすることなく

こういう考え方をするんだなぁ~という

受け止めるという姿勢ができてきています。

私たち 夫婦も 見習って

子供の喧嘩に 便乗しないように

親の喧嘩に発展しないように

もっと 大人になろうと反省しました。

仲直り

お恥ずかしい話ですが

参考にしてくださいね。

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ