kazoku.jpg

子供に留守番やおつかいをさせる時のルール作りとは?

我が家のまゆりんは、

現在小学校三年生、

こうちゃんは小学校一年生です。

sc_dsc_c

 

当たり前ですが、4月からは進級して、

四年生と二年生になります。



これくらいの年齢になると、

子供だけで留守番をさせたり、

あるいは
ちょっとした用事を頼む

「おつかい」をしてもらうことも出てきます。

otukai

 

我が家でもご多分にもれず、

徐々に留守番や

おつかいをさせるように
なっています。

 

 

ここで必要なことは

しっかりとしてルール作りです。

imageCARNMPL8

 

まずは、留守番についてお話していきます。

 

留守番に慣れていない子供に、

「すぐ帰ってくるから!」
「おとなしく待っていてね!」

というだけでは留守番中に
心細くなってしまいます。

 

そんな時に必要な事は、

あらかじめ考えられることは、
きちんとルール化しておくことです。


aicon02_5_thumb.gif


これをしっかり行なっておくと、

留守番中の子供も迷うことはありません。

 

ただ禁止行為を押し付けるのではなく、

「困ったことが起きたらどうするか」という視点から、

具体的に伝えるのがポイントです。

 

たとえばこんな場合です。

 

○ もしも留守番中に誰かが来たら?


誰が来てもドアは開けないのが基本


aicon08

 

インターホン越しに相手を確かめて、

あらかじめ決めた相手に
だけ対応させるといいですね。

 

このとき、応対してもいい場合と

応対の仕方については
具体的に説明したほうがいいです。

 

近所の人、宅配便業者など、

あらかじめ訪れそうな人を思い起こして、
それぞれ具体的な対応の仕方を説明しましょう。

 

不慣れなうちは、

たとえ誰が来ても

全く対応しないという
選択肢もあります。

 

ただし、悪意を持った人が

留守を確認しているという

可能性もあるので、

可能であれば

「お母さん(お父さん)は今、
手が離せないと言っているので、

あとでまた来てください」など、
子どもだけで留守番をしていることを

悟られないように対応させるのが
いいですね。

 

マンションの場合は、

チェーンは絶対に外さなように何回も
シュミレーションしておくことをお薦めします。


imageCAD7LEAS

▼ 冬の留守番は火気に注意する!

子どもの留守番でもっとも心配なのは火災です。

 

留守番をさせている間に火災が発生し、

子どもたちが命を落とす事故を
毎年のように耳にします。

 

留守番させるにあたっては

「もし火遊びをしたら、命に関わることに
なるから絶対してはいけない」

ということを繰り返し
伝えなければなりません。

kaiwa

 

同時に、火遊びの道具になりやすいライターやマッチなどは、
手の届く場所には置かないことが基本です


 

▼ 子どもだけでの買い物は「見守り」からスタートを

人気のテレビ番組があるように、はじめての時は子どもに
おつかいを頼んで、後ろからそっと様子をみながら
付いていく…ということをする親御さんも結構いると思います。

 

ただし、はじめておつかいに行かせるのなら、

事前にシミュレーション
しておくことも必要です。

 

「知らない人から話しかけられたらどうする?」

「道に迷ったらどうする?」

「道路はどこを歩いたらいい?」など、
ひとりでおつかいに行くときに
起こりうる状況を想像して練習しておきましょう!!

 

○ 行き先は慣れたところから


はじめてのところでは戸惑ってしまいますから、

普段から親御さんと
行き慣れている場所を選びましょう。

kaimon

○ 子どもの報告を聞く


子どもが帰ってきたら、

観察結果と照らし合わせながら報告を聞きましょう。
危険な行動を取っていても、

子どもは「ちゃんとできたよ!」と
言うかもしれません。

 

ただし、その場で注意したり叱ったりするのではなく、
機会をみて教えてあげてましょう。

 

子どもの自信を砕かないようにすることも大事です。

 

こうして、“見守りつき”のおつかいを何度か繰り返して、
少しずつ子どもの能力を高めていきましょう。

 

「あぶない!」「だめ!」と声をかけたくなるシーンも

多いと思いますが、
なるべく見守る姿勢に徹するのも親の役目です。

 

そして無事帰ってきたら、

うんとほめてあげてくださいね!

 

子供は褒めて上げることによって、伸びます。

takaitakai_s

 

それは我が家では実証済みです。

 

是非、色々な体験をさせて、子供の能力を伸ばしていきましょう!!

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ