kazoku.jpg

共通の趣味を持てば、必ず会話が多くなる夫婦関係!!

一般的に良く聞く話として、夫婦関係は風船のような感じ・・・とか
空気のような存在という話を聞きます。

 

でも、それって解釈の仕方によっては、いてもいなくても同じとか
存在感がまるでないという事につながります。



最初は好きあって、寝食を共にして、子供を授かり、一緒に子育てを
していながら、いつの頃からか会話もなくなり、お互いが空気のような
存在になってしまった・・・

 

もし、あなたがそうであれば寂しいと思いませんか?

 

何故、この人と一緒にいるのだろう?と疑問に感じませんか?

 

今私が言ったことが当てはまるとしても、改善の余地はまだまだ
あります。

 

何故なら、一緒に生活をしているから。

 

とは言っても、多少の打算はあるかもしれません。

 

別れたら生活に困る・・・
子育てに困る・・・
仕事が見つからない・・・
離婚するのが面倒だ・・・

 

などなど、人によって理由は様々です。

 

でも、そんな状態で、この先、10年、20年、あるいは30年一緒に
過ごしたとしても、はっきり言って時間の無駄なのです。

 

お互いの成長もなければ、助けあいもない。

 

ただ同じ空間で、存在しているだけの空気のような存在。

 

夫婦というものは、お互いに役割があります。

 

ただその役割というのも、家庭によって様々ですね。

 

家庭によっては、奥さんが外に働きに行っている、家事はご主人が
行なっている・・・そんな家庭があっても不思議ではありません。

 

要は、互いの役割をしっかり認識し、その役割を果たせばいいのです。

 

で、それをするのに大切な要因があります。

 

それは互いの事をよく理解し合っている事です。

 

それには、普段の会話が欠かせません。

 

朝の「おはよう」の挨拶から始まって、世間話、これからの生活設計、
子育ての事、老後の事、将来の夢、マイホーム計画、話すことは
多岐に渡るはずです。

 

そんな多岐に渡る話を、国会のように先送りにしていては、いい家庭や
家族関係を築くのは難しくなります。

 

もし、現段階で思ったように夫婦の会話がないのであれば、何か対策を
考えてみればどうでしょうか?

 

一つの提案として、共通の趣味を持つというのがあります。

 

二人で楽しみながら出来ること、何でもいいのです。

 

スポーツ好きであれば、夫婦でテニスを行なってもいいですね。

 

私の妹夫婦は、一週間位一回ほど夫婦でテニスを行なっています。

 

三人いる子供たちも当たり前のようにテニスを行うようになっています。

 

そうした夫婦の姿勢が、楽しい家庭を作っています。

 

私の家庭であれば、まずはブログですね。

 

以前にお話したかもしれませんが、このブログは妻の申し出で始める事に
なりました。

 

それまではお互いのブログは運営していましたが、共同でブログは
運営していませんでした。

 

せっかくブログを運営するというスキルを持っているのだから、それを
活かして、夫婦で楽しく、しかも家庭や子供たちの成長の記録を残したいと
いう趣旨で、このブログは始まりました。

 

記事の八割は私が書いていますが、ブログの構成やバナー、文中の
画像などは妻が担当してくれています。

 

別にどっちが何をやるという風に決めていた訳ではないのですが、自然に
そんな感じになっていきました。

 

お互いが好き勝手に記事を書いたり、画像を入れたりという事ではなくて
記事の感想を聞いたり、記事と画像が合っているか確認したり、色々と
相談しながら、このブログは出来上がっているのです。

 

このブログは出来るだけ長く、続けていくつもりです。

 

少なくても、二人の子供が成人式を迎えるまでは・・・・

 

あと10数年もあります。

 

でも、決しておっくうになったり、大変だなーと思ったことjは一度も
ないのです。

 

このブログは私達夫婦の歩みでもあるからです。

 

夫婦は別れない限り、どちらかが死ぬまで一緒にいるのです。

 

綺麗事かもしれませんが、共に人間として成長し、お互いの存在を
認め合い、そして必要とされたいですね。

 

私は心の底からそう思っています。

 

そして、妻を選んで良かったと心から思っているのです。

 

私たちの姿勢は、子供たちにも伝わっています。

 

将来彼らが、一生の伴侶を得た時には、きっと私達と同じような
夫婦道を歩んでくれると確信しています。

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ