kazoku.jpg

いつの頃から日本でバレンタインデーが始まったんだろう?

タイトルにも書きましたが、私の率直な疑問なのです。

 

元々はアメリカの習慣ですね。



それが今では、日本では当たり前の習慣になっています。

 

製菓メーカーや大手デパート、スーパーなどでも、この時期になると
大きなキャンペーンを打ち出し、売上を上げるのに必死です。

 

それは、それでお金が循環し、経済効果を生むのでいいと思います。

 

でも、我が家ではあまり経済効果は産まないですね。

 

何故なら、手作りでチョコレートやケーキを作ってしまうからです。

 

既成品を買うことを思えば、材料費なんて安いものです。

 

家政科出身のママは料理が得意です。

 

と言うか、料理以外にもなかなかの多才です。

 

ちょっと褒めすぎかもしれませんが、典型的な良妻賢母タイプです。

 

自分の事はさておいて、家族の為に自己犠牲の精神を常に持っているからです。

古き良き時代の日本女性なのです。

 

何より嬉しいのは、既成品が嫌いなのです。

 

簡単な子供服なら自分で作ってしまうのも大したものです。

 

こればっかりは、私には到底真似ができましぇーん。

 

何せ、生まれてこの方、針など触った事がないのです。

 

小学生の頃に、家庭科という科目がありましたが、当時の私は家庭科なんて
女のするもんだー と思っていましたから。
(女性の方すいません )

 

話は元に戻りますが、バレンタインデーの前日から、私を驚かせようと
まゆりんとママは、こっそりと材料を買いに行き、手作りケーキと
手作りチョコの計画を立てていたようです。

 

仕事から帰宅すると、「パパ、お疲れ様でしたー!!
これ、ママと一緒に作ったんだよー」と最高の笑顔と一緒にバレンタインデー
チョコをくれました。

 

もう最高ですね。

 

娘から、こんなに早くバレンタインデーのチョコを貰うなんて・・・・

 

あと、二、三年はかかるかなーと思っていた矢先のことでした。

 

一瞬感動で涙が出そうになりました。

 

あの小さかったまゆりんがここまで大きくなったんだなーと思うと
本当にこみ上げるものがありました。

 

以前にもお話した事がありますが、まゆりんは生まれた時は、2500グラムほどしかなかったのです。

 

本当に小さくて、小さくて、この子は大きくなるんだろうか?と随分と
心配したものです。

 

今年のバレンタインデーは、私にとって思い出深い特別な日になりました。

 

来年のバレンタインデーは、どんなバレンタインデーになるか今から
ドキドキワクワクです。

 

来年はもっと凄いケーキを見たいものです。

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ