kazoku.jpg

恐ろしいPM2.5~防ぐ手立てはマスクしかないのか?

いやはや中国という国は本当に恐ろしい国です。

 

急速な経済発展に公害対策が追いつかず、今北京ではすごい事に
なっています。



しかも、その原因を日本に誘致した工場から出されたと言っているから
どうしょうもないですね。

 

悪いのは、全て相手だそうです。

 

こんなひどい国と友好とか言って、仲良くしていくのも一苦労です。

 

今までは対岸の火事で済んでいましたが、いよいよ日本にも中国の
大気汚染の影響が出て来ました。

 

その物質がPM2.5 という物質です。

 

専門家によると、この物質は肺がんの遠因になるとの事なのです。

 

現実問題として日本の九州地方には、その微粒子が飛来して来ているのです。

 

環境省は中国から飛来する微小粒子状物質「PM2・5」による
大気汚染について、専門家会合の設置などを含む対応策をまとめました。

 

今後、専門家を招き「PM2・5に関する専門家会合」(仮称)を
開催するという事です。

 

中国の大気汚染が日本に与える影響の評価や、濃度が高くなった場合の
注意喚起などの指針化を検討し、2月中にとりまとめるようです。

 

これは光化学スモッグと同じで、人体に悪影響を与える有害物質で
ある可能性が非常に高いです。

 

早急に結果をまとめて発表して欲しいですね。

 

私達が今出来ることは、マスクを付けて外出することです。

 

現段階で言える事は、肺がんの恐れがあることです。

 

情報をしっかりキャッチして、自分の身は自分で守るという
意識を持ちたいですね。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ