kazoku.jpg

日本の伝統芸能、少しは知っておきたいですね。現在の歌舞伎界の豆知識を紹介します!!

2月3日に歌舞伎役者の市川團十郎さんがお亡くなりになりました。

 

歌舞伎界の大御所と云えば、この方と昨年の12月に逝去された
中村勘三郎さんですね。

 

歌舞伎界も、立て続けに二人もの大御所を亡くされ、今後大変だと
思いますが、頑張って欲しいものです。

 

何しろ、何百年も続く日本の伝統芸能ですから。



そこで、今回は、今後歌舞伎界を背負っていく歌舞伎界のプリンス達を
六名ご紹介しようと思います。

 

まずは一人目。

 

市川海老蔵さんです。

 

先日亡くなった十二代目・市川團十郎さんの息子さんですね。

屋号は「成田屋」。

 

私も見ていましたが、1994年の大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」に
主演していましたね。

 

二年前でしたか?飲み屋で暴力沙汰を起こし、しばらく謹慎していましたが
復帰してからは、しっかりと活動していますね。

 

あの会見も潔かったですね。一切の言い訳もせずに。

 

2011年に主演した映画「一命」は良かったですね。

 

時代劇ですが、人間の命の重さを考えるきっかけを与えてくれた
映画でした。なかなかの演技派に育っていますね。

 

歌舞伎界は、昔から「市川團十郎」が頂点なのだそうです。

 

私も知らなかったのですが・・・・(汗)

 

つまり、市川宗家は、歌舞伎界の中でも最も格上の名門中の
名門ということです。

 

次に、注目したいのが「尾上菊之助」(五代目)

 

父は尾上菊五郎、母は女優の富司純子。姉は女優の寺島しのぶと
いう芸能一家です。

 

その昔、富司純子さんは、女優として大活躍だったのですが
歌舞伎界のプリンスと呼ばれた尾上菊五郎さんと電撃結婚
女優を引退して結婚したので話題になりました。

 

屋号は、「成田屋」に次ぐ名門と云われる「音羽屋」です。

 

これも時代劇ですが、高倉健があ主演した「忠臣蔵47人の刺客」
1994年で、息子である大石主税(おおいし ちから)役を熱演
していましたね。

 

この方、歌舞伎での女形や二枚目では、若手随一の美しさと
云われています。

 

次に取り上げるのは、中村勘九郎(六代目)

 

昨年亡くなった、故・中村勘三郎(18代目)の長男ですね。

屋号は「中村屋」

 

妻は、女優の「前田愛」さんですね。

 

2004年の大河ドラマ・新撰組で出演していましたね。

 

役柄は、新撰組隊士・藤堂平助役でした。

 

純粋で、純朴で一途さが光った演技でした。

 

この大河ドラマの新撰組ですが、大河ドラマ51作中で人気
No.2なのです。

 

私もわざわざDVDを借りて、全巻視聴しました。

 

映画監督の三谷幸喜さんと相性がいいみたいで、今秋の公開予定の
三谷幸喜監督映画の「清州会議」にも出演予定とか。

 

次に取り上げたいのが、市川染五郎(七代目)

 

父は松本幸四郎(九代目)で、屋号は「高麗屋」

 

妹は女優の松たか子さんです。

 

昨年八月に舞台から転落して大怪我をするという事故に見舞われましたが
今月に復帰を果たしました。

 

現代劇にも意欲的に出演していますね。

 

私が印象に残っているのが、木村拓哉さんと共演した「プライド」と
いうドラマですね。

 

アイスホッケーの世界を舞台にしたドラマでしたね。

 

そして、次に取り上げるのが、市川中車(九代目)

市川中車と言っても、まだ知らない人が多いかもしれません。

 

香川照之と云えば、毎日のようにCMにも出演しているので
分かりますよね。

 

今や演技派俳優として引っ張りだこですね。

 

親父さんが、スーパー歌舞伎で一時代を築いた市川猿翁(二代目)、
母は女優の浜木綿子さんです。

 

今年の六月からいよいよ歌舞伎俳優として本格デビューとの事です。

 

で、最後に中村獅童さん。

 

えっ、この人って歌舞伎役者だったの?と云われるくらい現代劇や
映画にも出演しています。

 

歌舞伎の名門・「萬屋」の生まれですが、父の初代・中村獅童が
早期に廃業したので、後ろ盾がなく、苦労が多い下積み時代を
送ったのです。

 

女優の竹内結子さんとの結婚と離婚により一時期話題を集めました。

 

個人的な事はさておいて、俳優としての実力派折り紙付きですね。

 

映画「硫黄島からの手紙」や「レッドクリフ」で海外に進出しました。

 

国際的なスターに引けを取らない、強烈な個性を持った俳優です。

 

以上、歌舞伎界のプリンス達をご紹介してきました。

 

歌舞伎はまだまだ庶民には敷居が高いですが、何百年も続く日本の
伝統芸能の一つです。

 

大切に守り、育てていきたいですね。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ