kazoku.jpg

ロシアに進出したある日本料理とは?しかも料理人は全て現地人!!

今朝のニュースで見たことを話題にしたいと思います。

 

ロシアでさぬきうどんの一号店が開店したと言うのです。



ここでは名前は伏せますが、地元香川でも有名な名店です。

 

東京、大阪、その他の大都市でもチェーン店が進出しているお店です。

 

ただ、地元で食べるよりも若干お値段は高めですね。

 

私は何度か香川県を訪れた事があり、その際に地元の名産である
さぬきうどんを食べたことがあるのです。

 

とにかく、コシがあり、のどこしがいい食感と、値段が安いのが
印象的でした。

 

私がかつて食べてことがあるさぬきうどんで一番安かったのは
一杯たったの120円でした。

 

あの安さにはさすがに驚きでしたね。

 

地元の人達がおやつにうどんを食べるというのが分かるような
気がしました。

 

それぞれの国には、その国独自の文化があり、料理があります。

 

日本にも、日本料理がありますね。

 

しかも、日本の場合は、各都道府県により、独自の風習や文化、そして
料理があったりします。

 

さぬきうどんもその一つですね。

 

近年特に注目を浴びている料理の一つですね。

 

手軽で安くて、食べやすいのが大衆受けするのだと思います。

 

それがロシアで一号店を出店したと言うのです。

 

かなり大型の店舗でした。

 

従業員は10名はいた感じです。

 

しかも、全て現地のロシアの人達です。

 

お客さんが数名インタビューされていましたが、評判はかなり
いいようです。

 

日本で育った郷土料理が世界で認められるというのは日本人の一人として
嬉しい事です。

 

ところで、あなたは世界でワースト料理というものをご存知ですか?

 

せっかくなので、この場でご紹介しておきますね。

 

「The Titanic Awards」という、雑誌があります。

 

この雑誌、なかなか面白い雑誌で、世界中のひどいものを次々とランキング
形式で発表していくのです。

 

それで、以前に「世界最悪の料理はどこの国の料理か?」という
アンケートをインターネット投票を行ったそうです。

 

投票者は80ヶ国以上、2000人以上。

 

その結果、栄えある世界一最悪な料理の国に選ばれたのは、
得票率24.6%とダントツで「イギリス」だったそうです。

 

確かに、イギリスの料理はまずかったです。

 

私は以前、出張で10日ほどロンドンに行ったことがありますが、
美味しいと思った料理はありませんでした。

 

先進国でありながら、特に際立った料理がないのも珍しいですね。

 

私が一番印象に残っているのは、ローストビーフくらいですね。

 

それでは、次のランキングの発表です。

 

次に人気がないのがアメリカです。

 

これも、びっくりですが、アメリカもアメリカ料理というものは
ないのです。

 

マクドナルドに代表されるようにファーストフードは多いですが、
これぞアメリカ料理というものは、ないのです。

 

強いて云えば、アメリカはトマトを使った料理が多いのです。

 

トマトケチャップや、トマトジュースはアメリカ発祥ですからね。

トマトが嫌いな人は困ってしまいますね。

 

で、次の発表です。

 

ワースト三位は中国です。

 

えっ?という声が聞こえてきそうですが、日本国内において中華料理と
呼ぶ場合は、日本人向けに味付けや調理法が工夫、創作された大衆料理を
指すのです。

 

本来の中国料理は、中国本来の料理を指し、北京ダックや小龍包、
油淋鶏などがメニュー内に含まれています。

 

日本人は魚を好んで食べますが、中国の魚は泥臭く日本人は食べれないと
思います。

 

何しろ黄河で採れた魚がほとんどですからね。

 

黄河は、字の如く黄色い河、ドロ水のような河ですから。

 

そこで採れた魚は当たり前ですが、ドロ臭いのです。

 

そして、私が一番参ったのが、とにかく脂っこいのです。

 

中国人が何故、烏龍茶(ウーロン茶)を好んで飲むかが分かります。

 

さて、ここまで、以前に発表された世界三代ワースト料理を
ご紹介してきました。

 

私はこれまで数カ国仕事の関係で行ったことがありますが、その都度
感じた事は、日本に生まれて良かったと言うことです。

 

日本は食べるものが豊富で、美味しいものが本当にいっぱいあります。

 

四季折々、旬の食材を使った美味しい料理を食べることが出来ます。

 

最近の日本人は、外食をする事が増えたと云われます。

 

また、正月のお節料理なども、各家庭で作らず、出来合いのお節を
注文する家庭も増えているようです。

 

2千年の伝統の中で培ってきた日本の様々な料理。

 

しっかりと子供たちに受け継ぎたいものですね。

 

我が家の奥さんは、すごく料理好きです。

 

色々な料理を作って楽しませてくれます。

 

子供たちも、ママと一緒に料理を作ることを日々の日課としています。

 

まゆりんもこうちゃんも、日々の生活の中でママが作る料理の
レシピを憶えて、受け継いで欲しいと思っています。

 

時には、子供と一緒に料理を作る、そんな特別な日も作ってみては
いかがですか?

 

きっと、ワクワクするような体験が出来るはずですよ!!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ