kazoku.jpg

自分の価値は自分で高めていくもの、それには日々の勉強が必要

いつも、ブログを読んでいただきありがとうございます。

 

さて、いつもブログに訪問して下さるあなたなら、既にお気づき
かもしれません。

 

右側サイドバー(右側の帯の部分の事です)のブログランキングの上部に
本棚を追加しました。



これは、私が今まで読んだ本の中で、特に感銘を受けた本であったり
読者のあなたに自身を持ってお薦め出来る本を選んで、本棚に整理
しました。

 

使い方は、簡単で興味のある本の上にマウスを当てると、詳細が
分かるようになっています。

 

このブログは、基本的には子育てに関する情報を発信していくものですが
人間の生き方であったり、子育てに必要だと思われる考え方なども
ご紹介していきたいと考えています。

 

特にこれからの時代は、人と差別化出来る何かを形成していかないと
生き抜くのが難しい時代になってきます。

 

それは、あなたも既にお気づきだと思います。

 

日々、国内外では様々な事件や事故が発生しています。

 

私や私の家族は安心だと思われているかもしれませんが、その安心・
安全の根拠は何もありません。

 

生き抜くためには、様々な情報を仕入れ、その中から必要なものを
取捨選択していかねばなりません。

 

これは私の持論でもありますが、

学びは高くつくが、無知はもっと高くつくというものがあります。

 

これはどういう意味かと言いますと、学ぶ事というのは時間もかかるし
本を買って学ぶ、あるいは何かのDVDを購入して学ぶ、あるいは
何かの教材を買って学ぶというのは、とてもお金がかかります。


 

しかし、学ばないと、そのうち痛いしっぺ返しを喰らうという
意味なのです。

 

例えば、税金などの知識を思い浮かべて下さい。

 

税金の知識を持っている人は、しっかりと年末調整などを行い
払い過ぎた税金を還付してもらいますが、もしあなたが税金の
知識が全くない場合は、国に必要以外の税金まで搾取されて
しまうのです。

 

サラリーマンであれば、毎年いくら収入があって、どれだけ税金を
払っているかというのは、年末にもらうことが出来ますが、自営
している人や、個人事業主の人などは、自分で税金の関する勉強を
しないといけない訳です。

 

それには、時間もかかるし、時にはお金もかかります。

 

でも、それをしない事には、随分と無駄な税金を支払う事に
なってしまうのです。

 

前述した、「学びは高くつくが、無知はもっと高くつく」という
コトバはそういう事を言っています。

 

何かのセミナーを受講した時に、聞いたコトバです。

 

なるほど、そうだな~と感じ、私の頭の中に深く残っている
コトバなのです。

 

随分と説明が長くなってしまった事をお許し下さい。

 

先ほどの本棚の説明に戻りますが、気になる本をクリックして
頂くと、アマゾンのページに飛ぶようになっています。

 

そして、左側のページを見ると、本の中身を閲覧出来るコーナーが
ありますので、わざわざ購入しなくても、目次を見るだけで
大体の内容は把握できます。

 

すべて私が実際に購入して、内容が良かった本ばかりを
厳選していますので、何かの参考になれば幸いです。

 

次に読書をする意義についてお話をさせていただきます。

 

一番の意義は、その本を執筆している著者の考え方や経験を
共有出来るという事です。

 

私達人間というのは、一人ひとり経験値が違います。

 

それは容易に分かると思いますが、一人ひとり生まれ育った
環境や人間関係、職場の環境、そして今生活している環境が
違う訳です。

 

ですから、他人と接する中で、その人から学ぶ何かというのは
必ずあるはずですが、一番手っ取り早いのは、その道の先駆者で
あったり、専門家に学ぶ方が手っ取り早いですね。

 

読書をすれば、その著者の考えていること、経験、そして主張などを
手っ取り早く知ることが出来るのです。

 

そして、一度購入すれば、何度でも気が済むまで読んで自分の
血肉にすることが出来ます。

 

私は今、文章術を学んでいますが、同じ講義を既に40回ほど
視聴しています。

 

それだけ視聴していると、次はこういうことを言う、次はこんな
展開になっていると言うことが分かるようになります。

 

それを繰り返す中で、基礎的な内容をみっちりと身に付ける事が
出来るのです。

 

そこまでする必要はないのですが、私はやる以上は中途半端に
やるのは嫌なので徹底的に学びたいと思うので、そんな事を
やっているのです。

 

自らが学び、そしてそれを子供に伝え、子育てにも活用していく、
その為にも学ぶ事は大切です。

 

大切な子供を守り育て、そして親から離れた後も、しっかり
自立して、自分の道を歩んでいける、そんな子育てをしたいものです。

 

学んだ事を子供に伝えるというのは、心もワクワクします。

 

是非、あなたもしっかり学んで、子育てに活かして欲しいですね。

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ