kazoku.jpg

橋下市長は「全ての責任は行政にあると言いましたが・・」果たしてそうでしょうか?

今回も

大阪市立桜宮高校バスケットボール部の

体罰が原因で自殺した問題を

取り上げていきます。



 

昨日から今日の報道で、橋下大阪市長は、

体罰を苦にして自殺した高校生の遺族に面会し、

謝罪したことが大きく取り上げられていました。

 

そして、その報道の中で、自殺した原因は、

すべての責任は行政にあると明言しています。



でも、果たしてそうでしょうか?

 



 

自殺した原因の全ての責任は

本当に行政だけの問題なのでしょうか?

 

私は残念ながらそうは思いません。



 

責任の転嫁はよくないですが、

この問題は色々なところに原因があると
感じるのです。

 

まずは、高校側の問題。

 

長年クラブ活動において、体罰が行われていた事を把握しながら
インターハイなどで好成績を収めているのを理由にして、容認してきた
体質。

 

次に社会全般の問題。

 

これは橋下市長も言及しているように、スポーツ経験者はある程度
現役時代に自分自身も体罰を経験しています。

 

その経験から、体罰も時には必要であるとの認識を持っている人も
少なくないという現実があります。

 

中には、元巨人軍投手の桑田真澄氏のように、体罰は絶対に反対、
体罰で技術が向上することはない と明言している人もいます。

 

しかし、非常に残念なことですが、クラブを強く育てる為には
体罰や、それに代わるモノも必要であるという社会的な認知も
存在しています。

 

そして、問題のもう1つは、スポーツ推薦などの制度上の問題です。

 

スポーツが上手になれば、勉強が出来なくてもスポーツ特待生として
大学に進学出来るという制度があります。

 

そして、スポーツ推薦で大学に進学した学生は授業料が免除、あるいは
優遇されるという実情もあります。

 

ですから、親も体罰を容認するという現実もあるのです。

 

思いつくまま書いてみましたが、

今回の問題は非常に根が
深いのです。

 

決して、橋下市長が言うように

行政側だけに問題がある訳ではないのです。

 

但し、通常の行政の首長であれば、色々と責任逃れをするのが
常ですが、今回は責任をはっきりと認めたという部分では評価は
出来ると思います。

 

今回は、たまたま大阪市立桜宮高校だけの問題になっていますが、
全国を見回してみると体罰を行なっているスポーツクラブは

非常に多いと思います。

 

スポーツクラブにおける部長や顧問と生徒の関係というのは
言わば、師匠と弟子、もっと云えば絶対権力者と服従する者と
いう関係に等しいのです。

 

逆らう事は絶対に許されない厳しい世界です。

 

逆らうとレギュラーから外される、

あるいはクラブを辞めさせられる
時には退学という事態にまで発展するかもしれません。

 

だから、生徒側もおかしいと感じていても、

服従するしかないと現実があるのです。

 

これは親も同様です。

 

子供が体罰を受けて、それが暴行に近いものだと分かっていても
苦情すら言うことが出来ない、暗黙のうちに了解しているという
現実があるのです。

 

私がここで言いたい事は1つです。

 

あなたは自分の大切な子供を失くしたいですか?ということです。

 

例え、好きで入ったクラブ活動であっても、

途中で嫌になったり
そのクラブの体質が自分に合わなかったり、

練習がきつくて嫌に
なり辞めたくなったり、、、、

 

そんな場合だった考えられますね。

 

もし、そんな事態になったとしても、いいじゃないですか!

 

違う道を探せば・・・・・

 

道は色々あります。

 

一つの事に固執することなんてないのです。

 



Aという道が閉ざされても、

Bという新たな道を開拓していけばいいのです。

 

自分の子供の可能性を信じてあげましょう。

 

子供の可能性は無限です。

 

それを見つけてあげるのも親の大切な役割なのです。

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ