kazoku.jpg

今年の初詣は実は1月3日になりました。ようやくお正月が来ましたー!!

今年は例年になく元旦と2日が仕事でした。

 

去年は元旦は仕事でしたが、2日は休みだったので、家族で初詣に
行きましたが、今年は初詣が3日になりました。

 

ようやくお正月が来たという実感ですね。



ここで質問です。

 

あなたは、お賽銭をいくらくらいしていますか?

 

私の家庭では決まっています。

 

毎年同じ額のお賽銭をします。

 

いくらか分かりますかー?

 

早くも答えを言いますね。

 

それは45円です。

 

お賽銭の内訳は、十円玉が4枚、そして五円玉が一枚です。

 

一般的には五円玉一枚が多いですね。

 

五円玉というのは、「御縁がありますように」というおまじないですね。

 

だったら、45円というのは、どんな意味があるか?

 

これを知っている人っていうのはあまりいないです。

 

じゃ、いつも私と妻のつたないブログを読んで下さるあなただけに
お教えしますね。

 

それは、「しじゅう(四十と始終の両方の意味をかけています)
ご縁(これは五円ですね。)がありますように」という願掛け
なのです。

 

日本語というのは、本当に一つのコトバで色々な意味を
兼ね備えていますね。

 

で、話は元に戻りますが、我が家では毎年、私と妻が45円のお賽銭、
そして子どもたちが五円のお賽銭をするようにしているのです。

 

私と妻が「始終ご縁がありますように、お互いが死ぬまで楽しく
お付き合いが出来るように」 という願いを込めて

 

そして子供たちとは、「ご縁がありますように」
出来るだけ長い時間、家族として一緒に過ごそうねという
願いを込めているのです。

 

妻も45円と五円をお賽銭するという意味を知っています。

と言うか、私は妻からその意味を教えて貰ったのです。

 

その衝撃は今でも鮮明に覚えています。

 

五円のお賽銭の意味は知っていましたが、45円の意味は
知らなかったので、大げさですが、カルチャーショックでしたね。

 

お互いの知っている事を教えあうというのは、私達夫婦の
基本です。

 

夫婦と向き合うというのは、本当に楽しいですよ。

 

日々色々な発見があります。

 

その発見が多いほど、自分が成長出来るのです。

 

そして、子供たちは、そんな夫婦の会話をよく聞いています。

 

私達にとっては、夫婦の会話も子育ての一貫なのです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ