kazoku.jpg

文房具の使い方も ここまで来たら!ナイス!

こんばんわ

冷え性の私は 寒いと

なかなか 動きません・・・・



これではいけないんですけどね

でも 今日の感動を

お届けに アップしてます!



タイトルの通り

文房具にちなんだ お話です。

 

学校での 文房具って けっこう

馬鹿にならないぐらい いりますよね



学年が上がるごとに

あれやこれやと・・・

わたしは 30年前の文房具

裁縫道具 まだ 使っています。

 

わたしって ものもち いいんですよね

服も 15年前の服も 大事に着ているので

買うと言ったら ストッキングとか 靴下とかの

消耗品が ほとんどです。



ところで みなさんの お子さんの文房具

どのぐらい 持ちます?

 

わが家では ものを大事にしないといけないこと

教えいてるので

 

乱暴に扱っていると

代わりのものは 一切 与えないので

消しゴムをなくしたら 

間違えずに 書かないようにしないといけなくなります。

鉛筆を なくしたら

書くこと できません。

 

ということで 大事に使う工夫も

けっこう 知恵としてついてきているようです。

 

この 鉛筆

いかがですか?



 

消しゴムよりも 小さいんです。

これで 書けなくなったら

わたしに渡してくれるんですけどね。

 

これを わたしは シンだけとりだして

お絵かきに使います。



 

メモ帳も テストの答案用紙の裏を

使っています。

 

だから いつまでたっても

テストの点が 丸見えなんで

隠しても 無駄なんです。

というより 悪い点を取ると

わからないから 教えてって

聞いてきます。

 

文房具を ここまで使うという習慣が

ついてくれて すごくうれしいです。

 

じつは こういう使い方の方法は

私の父の 教えなんです。

 

紙の裏が白くて書くことができるものなら

綺麗に 小さくきって ホッチキスで止めて

メモ帳にしてくれました。



 

父は 40歳のころから 大病をしていたので

薬の袋が 通院すると 6つあるんです。

 

その袋も 綺麗に 捌いて

メモ帳にしてくれました。

 

えんぴつも 削るのが下手なわたしに

かわって いつも 削ってくれていたので

最後まで 綺麗に使う方法を

日常生活で 覚えました。

 

そのことを 今 子供たちに教えています。

 

捨てるのは 簡単です。

 

でも お金 の 無駄遣いだと感じるのです。

 

鉛筆 消しゴム ノート 下敷き

色鉛筆 くれよん などなど

壊れるまで 使えなくなるまで

使えば

1年間で ちょっとした 旅行

行けますよ

 

ということで

エコ貯金が 今年も ちゃんと 貯まったので

年末に 旅行 行ってきます。



 

ものを大事にする気持ち

親も 忘れない姿勢が大事だということ

継承できているなぁと

嬉しくなりました。

 

みなさんも エコ貯金

いかがですか?

 

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ