kazoku.jpg

逆算力のススメ

私は若い頃から結構本が好きで

いろいろな本を読みます。

 

最近まで漫画も読んでいましたが、

最近はあまり読むことが
なくなりました。





私が好きだった漫画の一つに

「課長島耕作」という有名な漫画が
あります。

 

確か17巻くらいあったと思います。

 

全巻揃えましたが、

引っ越しする際に漫画は

すべて処分してしまいました。

 



 

確か処分した書籍の数は、

漫画を含めると1000冊くらいは
あったのではないかと思います。

 

課長・島耕作は私のお勧めの漫画ですが、

あまりにもヒットした為に
その後、部長島耕作、

その他続巻が販売され、

課長島耕作ほど面白くなくなったので、

読むのを止めてしまいました。

 

日本人の漫画好きは世界的に見ても有名ですね。

 

それだけ治安が良く

社会が安定している証だとも言えます。

 

さて、前置きが長くなりましたが、

最近読んだ本で

非常にいいと思う本がありますので、

ご紹介しておきます。

 

「逆算力」という本です。

 

この本、会計事務所を経営している

ご主人の考え方を、

奥さんが忠実に再現して、

そのご主人と連名で出版されています。

 

内容は、ずばり、

仕事と人生の今何をすべきは、

ゴールから逆算して考えよう!

 

というテーマです。

 

キャッチフレーズとして、

最短時間と最少の努力で目標を達成する
方法として紹介されています

 

私が一番共感したのは、ご主人の経歴です。



この方、山崎隆弘さんとおっしゃいますが、

驚くことに
 高卒で公認会計士になっているのです。

 

普通は公認会計士と云うと、

日本の三大資格と云われるだけあって、

難関大学、一流大学卒業の人が殆どだと思うのですが、
この山崎さん、挫折、挫折の人生で、

24歳の時に一念発起して
公認会計士を目指すことになったのです。

 

ご存知だと思いますが、

公認会計士試験は大学卒業でないと
 受験すら出来ない難関資格です。

 

高卒である山崎さんは、大検を受け、

大学卒業を資格を得てから
公認会計士の試験に合格したという変わり者なのです。



本の中で紹介されていますが、

記憶力が悪く、

決して頭がいいとは言えない山崎さんですが、

考え方がすごくユニークで、面白いのです。

 

書籍の中で紹介されている例を一つご紹介しておくと
 山崎さんは、運転する時には

必ず大型トラックの後ろを
 走るのだそうです。

 

普通の人であれば、

視界が悪いのでトラックを追い越して、
トラックの先を走ろうとすると思いますが、

山崎さんは違うのです。

 

それも明確な理由があるのです。

その理由を読んだ時に、

「なるほどなー」と関心させられました。

 

一昔前は、学歴社会と云われ、

学歴がないと社会に出ても

優位に立てない、あるいは出世できない、

あるいはお金儲けが出来ないと
云われていました。

 

でも、時代は変わり、学歴に関係なく、

どんな人にでもチャンスは
巡ってくる世の中になっています。

 

前述した山崎さんの例のように、

ユニークな発想や考え方を身に付ける事により、

社会の中で成功を収める事が出来るのです。

 

目標を立てるけど、いつも挫折してしまう、

コツコツと積み上げるのが
 苦手な人に是非読んで欲しい一冊です。

 

 



会計事務所にお勤めの奥さんが

執筆されているだけあって、

多少会計の事も書かれていますが、

そこは読み飛ばしてもいいです。

 

人生をやり直したい、

目標を達成したいという人には

お勧めの一冊ですね。

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ