kazoku.jpg

鬼ごっこで測る子供の体力測定

私たち家族は跳んだり跳ねたりが大好きです

 

ホップ!ステップ!ジャンプ!⌒v⌒v⌒v⌒ミ(ノ´∀`)ノ♪

 

パパと一緒に公園に行くと、いつものように鬼ごっこが始まります。



 

私は決してテレビゲームなどを否定はしませんが、

そればっかりはいけないと思うのです。

 

 

理由は一つです。

 

体力がつかないからです。

 

 

子供は外で跳んだり、跳ねたり、走り回ったりする中で

普段の生活で必要な体力を養うと思うのです。

 

最近の子供たちは、私たちが子供時代と比べると、

外で遊ばなくなったと思います。

 

私が子供の頃は、遊ぶといったら外でサッカーをしたり、

野球をしたり、かけっこをしたりと、真っ黒になって

外で遊んでいたものです。

 



 

 

でも、時代は変わって今は外に出なくても

家の中で遊べる要素がすごく増えています。

 

時代の流れと共に家族の在り方や子供の遊びの種類も

変わっていくものだと思いますが・・・・

 

 

何をするにしても、体力は必要だと思うのです。

 

 

と前置きはこれくらいにして、

ある日の我が家の鬼ごっこのレポートです。

 

 

まゆりん   「パパ、鬼ごっこしようー」

 

masatoパパ  「オッケー!」

「こうちゃんはどうする?」

 

こうちゃん   「ぼくもするー。」

 

masatoパパ   「OK、じゃ、じゃんけんで鬼を決める?」

 

まゆりん     「パパが最初に鬼になってー!!」

 

masatoパパ     「いいよ。 じゃ、10数えるから、

その間に逃げるんだよ。ただ公園の中でやろうね。」

 

まゆりん      「 はーい、パパ。」

 

こうちゃん       「はーい、パパ。」

 

とこういう感じでいつも始まる我が家の鬼ごっこですが、

一年前と比べて明らかに変化があったのです。

 

 

それは・・・・・

 

 

鬼ごっこをしている時間が長くなったのです。

 

一年前と比べて明らかに体力がついている。

うーん、これはいいねって思ったのです。

 

 

娘の走るスピードも一年前と比べると

明らかに早くなっています。

 

あと一年や二年は大丈夫だと思いますが、

いつまで子供たちの体力についていけるやら・・・

 

そんな心配はありますが、一緒に走ったり、

遊んだり出来る大切なこの瞬間を大切にしたいと思うのです。

 

 

こんな体験も子供たちの脳裏に焼き付いていくと思うのです。

 

 

かけがえのない親子の歩み、ママはそんな私たちの姿を微笑みながら見ています。



 

 

子供の成長と共に遊びの中身は変わっていくと思いますが、

親も親として成長を遂げる中で

遊びの質を高めていきたいと思っています。

 

でも、お父さんは体力がいりますね。

 

 

私の体力作りの秘密は・・・・・



 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ