kazoku.jpg

最近不思議に思う事、地方自治体首長による新党立ち上げ、それって本末転倒じゃないの?

最近、不思議に思う事が

一つあります。



それは

地方自治体首長による新党の立ち上げです。



あなたもご存じの橋下大阪市長、



河村名古屋市長、

そして今度は
滋賀県の嘉田知事まで

新党を立ち上げるという。

 

でも、これって本末転倒じゃないですか?

 

地方自治体の首長というのは、

その地方の選挙で選ばれた代表であって

国会議員じゃないですよね。

 

それが、

自分達の権限外の国政に参加してくる。

なんか、少しおかしい感じがするのです。

 

石原前東京都知事みたいに辞職して、

国政に参加しようとするなら
まだしも理解は出来ますが・・・・

 

実際の所、橋下市長などは

大阪市役所に殆ど当庁していないと云います。

 

というか、忙しすぎて無理ですよね。

 

マスコミも話題にし過ぎですね。

 

最近では週刊誌までもが、

将来の総理候補などともてはやしています。

 

太陽の党と合流した事で、

一時に比べれば人気は下火になっていますが…

 

彼らに共通していることは、地方から中央を変えていくという事。

 

それは理解できます。

 

中央で出来ない事を地方で

しっかりやって、実績を作って中央に
モノ申すというのはいいと思うのです。

 

それが、自分たちの枠組みを超えて、

権限以上の事をするというのは

どうも納得いかないのです。

 

例えば、橋下市長であれば、

大阪都構想を立ち上げ、

マスコミがはやし立てる構想を打ち立てました。

 

でも、最近は大阪都というコトバすら出てきません。

 

あれは一体何だったの?と云いたいですね。

 

単なる選挙に勝つためのパフォーマンスだったの?

と云われても仕方がありません。

 

最近は第三極が第二局にならなければ、

日本は良くならないと謳い、
しきりに「みんなの党」に合流を

呼びかけたりしています。

 

でも、古今東西の例として、

リーダー格が一つの党に

二人も三人もいても、

一つの組織としてまとまらないのです。

 

それは過去の多くの歴史が証明している事実なのです。

 

例え、それで政権を奪取したとしても

政権を運営できていくはずがないのです。

 

それは民主党で

私たち国民はまざまざと見てきたはずです。

 

もう同じ失敗を繰り返したくありません。

 

自分の目で、それぞれの党の主張や

マニフェストを確認した上で
今の日本を任せる事が出来る人に

投票しようではありませんか!

 

今投票権を持っている大人の行動が

将来の日本の行く末を

決めていくのです。

 

自分たちの子供が不幸にならないように、

しっかり見極めていきたいですね。

 

子供が伸び伸びと育ち、

それぞれの可能性を追求していく社会を
構築していくのは私たち大人の役割なのです。

 



 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ