kazoku.jpg

人の話を聞く姿勢を今から身に付ける!!

子供たちが通っている

小学校の担任の先生が

すごくいい教育を
してくれています。



どんな教育かと云いますと、

人の話を聞くことの必要性をいつも
子供達に話してくれているらしいのです。



何故それがわかるかと云うと、

娘が学校での話をしてくれるからです。

 

人の話に耳を傾けるというのは

頭では分かっていても、

大人になれば
なるほど難しくなります。

 

大人になればなるほど自我が生まれ、

その自我が年齢と共に
大きくなってくるからです。



そして、どういう事が起こるかと云うと、

人の話を聞かない大人に
なるという悪循環が生まれるのです。

 

世の中を少し見まわしてみるとそうですね。

 

自分の事しか考えていない、

人の話を聞かない人がいかに

多いことか?

 

学校で担任の先生が

そんな教育をしてくれていることに

私はすごく有難いと思うのです。



学校で教えて貰った事を

子供が家庭で報告してくれる、

そして
家庭で何かにつれてその話をしていく。

 

その繰り返しで、

子供の心にしっかりと

人の話を聞くことの
大切さが備わっていきます。

 

子育てに限らず、

人にモノを教えるという作業は

手間と
時間が

かかるものです。

 

その手間と時間を惜しんでは、

人は育っていかないのです。

 

子供は自分自身を映す鏡でもあります。

 

子供が何か不安そうな顔や態度をした場合、

自分の行動を
顧みる事も必要になってきます。

 

きっと自分の中に

子供に不安を与える

何かの要素があるものなのです。

 

私は仕事の関係で

子供と関わる事は少ないのですが、

妻との話の中で
子供たちが確実に成長しているのを

実感できます。

 

私は若い頃は子供が好きではありませんでした。

 

何故ここまで子煩悩になったのか?

 

それは命の誕生の瞬間を二度も目にしたからです。

 

そう、ご想像の通り、立ち合い出産をしたのです。

 

当初は、妻からのたってのお願いだったのですが、

本当に貴重な体験をしたと思っています。



多分その経験から私の意識が変わったのだと思います。

 

尊い人間の誕生の瞬間を

二度も私は経験することが出来たのです。

 

あの経験から数年が経ちますが、

子供たちは驚くほどのスピードで
成長しています。

 

大人である私たちの成長がおぼつかない位です。

 

子供と共に親として

もっと成長していきたいと思う今日この頃です。

 

でも、へんに背伸びする必要もないと思っています。

 

子供と接する時には

子供の目線を忘れずに、接するだけでいいのです。

 

子供の話を聞いてあげる、一緒に遊んであげる、一緒に考えてあげる
そんな習慣こそが大切だと思います。

 

さあ、明日は子供たちにとってどんな明日が待っているか?
どんな新しい経験をしてくるか?
どんな話をしてくれるか?

 

楽しみですね。

 

大人の私たちが、

ほんの少しだけ子供の目線を持つことによって
子育てをもっとENJOY出来ますよ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ