kazoku.jpg

子供の好奇心をいかに育てるか?

我が家の子供たちは

好奇心が旺盛です。
どんな事でも興味を示してくれます。





反面は嬉しいのですが、

面倒くさいと感じる事もたまにはあります。

 

でも、子育てとはそんなものだと思うのです。

 

子供の疑問に

親がいかに応えてあげることができるか?

 

私が知っている親の一例ですが・・・・

 

[ママ、これどうするの?]

[今忙しいから、後でね。]

(そして結局は)後になっても何も教えない!!

 

[ママ、この問題わからないんだけど・・・・?]
[今、忙しいから、明日学校の先生に聞いてね!]

 

[パパ、このアニメ一緒に見ようよ!!]
[今疲れているから、今度ね。]

 

パパ、今度の休みに遊園地連れて行って!!


[ごめん、今度の仕事なんだよ。また今度ね!!]


 

これはほんの一例ですが、

こんな事が日常的に続いて、子供は
親に一切期待しなくなると思うのです。

 

 

我が家では、・・・・・

 

ママ、今度一緒にカレーライスを作りたい?
わかった、そしたら明日カレーにしようか?

 



ワーイ、じゃ明日の夜はカレーライスだね。


こうちゃんも一緒に作りたい!

 


いいよ、じゃ、こうちゃんは、

 

ジャガイモの皮をむいてね。
はーい、明日が楽しみだね。

 

また、こんな場面も・・・・

 

ママ、この問題わからないー!!

じゃ、ママと一緒にやってみようかー?



でも、ママが習った時代と

今は教え方が違うかもしれないから

明日、学校でこの解き方でいいか、

先生に聞いておいてね!!

はーい。

 

我が家では、何をするにも大体こんな感じです。

 

何が云いたいかと言うと・・・

 

子供が疑問に思っている事や、

子供がしたいことを親も一緒に


してあげる という事なのです。

 

ママやパパに云ったら、

何か教えて貰える、ヒントを与えて貰える、


一緒に遊んでくれる、一緒にテレビを見てくれる、

一緒にゲームをしてくれる。

 

子供が興味や関心を持っている事に

親も一緒に参加する!

 

この姿勢がとても大切なことだと思うのです。

 

親は仕事もあり、家事もあり、本当に大変です。


我が家も完璧に、子供と時間を

共有できている訳ではありません。

 

でも、常に意識はしています。

子供といかに共有の時間を持つかという事を・・・!!

 



一日の中でたった五分や10分でもいいのです。

 

それを続けることにより、

子供は親に対する信頼を置くようになるのです。

 

あなたは、子供が中学生や高校生になった時に、

子供が何を考えているかが


わからない、親に相談するよりも友達に相談する・・・

 

そんな風になりたいですか?

 

私は、そんな風にはなりたくないのです。

 

子供が悩んだら、一緒にその悩みを共有する、

そして一緒に悩みを解決していく。

 

そんな親でありたいと思っています。

 

そんな親であり続ける為には、

子供が幼い頃から、忙しくても


時間を共有する意識が必要なのです。


 

私は二年後にしたいことがあります。

 

息子とキャッチボールがしたいのです。

 

出来れば、家族四人でピッチャー、キャッチャー、

そしてバッター、そして守備、

四人が役割分担して、

それが出来れば最高ですね。

 

今から、心躍ります。

 

子育てって本当にワクワクドキドキですね。

 

これからも、もっと一緒に楽しんでいきます。

 

 

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ