kazoku.jpg

人事を尽くして天命を待つ!!

つい先日行われたセリーグのCS最終戦。

 

見られた人も多いのではないかと思います。



私も珍しく野球観戦をしていました。

 

ジャイアンツが三連敗し、このまま負けたのでは面白くないなと

思っていました。

 

それから二連勝し、アドバンテージの一勝を含んだタイに持ち込みました。

 

そして、先日の最終戦。

 

勝った方が日本シリーズに進めるという大一番でした。

 

最終的に勝ったのはジャイアンツでしたが、双方とも死力を尽くした

いい戦いだったと思います。

 

野球史に残る名勝負を繰り広げてくれました。

 

セリーグでは三連敗の後、三連勝しての日本シリーズ出場は

初めてになります。

 

CS(クライマックスシリーズ)が日本で始まって四年が経ちます。

 

何か客寄せの為に、わざわざ作れられたような感じであまり今までは

見なかったのですが、今年は最終戦を見ました。

 

野球を見ているだけでも、いろいろな考えや感情が湧いてきます。

 

プロの選手は与えられたチャンスに結果を残さないといけません。

 

レギュラーの選手であれば9回の中で打席に立つのが4回から5回、そして

守備もあります。

 

控えの選手であれば代打で一試合に一度だけ、代走などもそうですね。

 

数少ないチャンスを一つ一つものにしていき、そしてレギュラーの

座を掴んでいく。

 

それがプロ選手の宿命です。

 

数少ないチャンスを生かすために彼らは日頃から鍛錬し、出番を待ちます。

 

そして、努力が報われてスター選手に育っていく人、努力が報われずに

多くの選手の中で埋もれてしまう選手。

 

プロの中で10年、20年と活躍できる選手は本当に一握りです。

 

そしてその一握りの選手になれば、華々しい選手生活を送る事ができます。

 

でも、スランプに陥った時には、ファンからの手厳しいヤジの餌食になります。

 

特に阪神間のファンのヤジはスゴイと聞きます。

 

そんな中で選手も育っていきます。

 

野球選手の事を書きましたが、私たちはどうでしょうか?

 

私たちにも、多くのチャンスがあります。

 

それは、貴重な体験をするチャンスであったり、昇進するチャンスで

あったり、お金儲けをするチャンスであったり、家族で旅行に行く

チャンスであったりと。

 

そんな多くのチャンスを今まできちんと生かしてきたかなー?と

フッと感じる事があります。

 

チャンスを生かし切れなかった事も数多くあります。

 

それを今更悔やんでもどうしょうもないことです。

 

その事を経験値として、今からの生活や人生に生かすしか

方法はないのです。

 

「人事を尽くして天命を待つ」という諺があります。

 

まさしく、人事とは、人が出来る事なのです。

 

一つの事を成す為に、人が出来る事なのです。

 

私たちには、これからも色々なチャンスが巡ってきます。

 

いつ、そのチャンスが巡ってきてもいいように普段から必要な

努力をしておく事は大切なことです。

 

小さい事が出来ない人間に大きな事は出来ないと云われます。

 

大きな事を成し遂げようとすれば、毎日の小さい事を積み重ねて

いくしかないのです。

 

イチローが一本のヒットを打つために、普段使うバットやグローブなどを

手入れし、素振りやフリーバッティングを行い、走塁練習を行い、いつも

万全の態勢を整えてから試合に出場する。

 

それこそが正しくプロの姿勢なのです。

 

私たちも多少なりとも、そのようなプロの精神を日常生活に取り入れ

成長していきたいものです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ