kazoku.jpg

日本の政治はいつになっても変わりませんね!!

最近、子育ての話題が少ないので、恐縮しています。

 

ただ、このブログは子育てに関連するニュースや話題もお届けしますが、

それ以外にも親が成長を目指す記事も随時お送りしたいと思っています。

 

さて、今日の話題は政治に関してです。

 

先日任命されたばかりの法務大臣が事実上の更迭で辞任します。

 

元はと言えば、マスコミに出したスキャンダルなニュースが発端です。

 

でも、政治家なんて叩けば埃が出る人ばかりじゃないの?

 

と私は個人的に思っているのです。

 

そんな埃ををかぶっているのですから、叩けばいくらでも埃が出るのです。

 

それをマスコミは面白いように暴き出しますが、暴き過ぎて誰も大臣に

なれない、、、、、なっても誰も知らないような、仕事が出来るかどうかも

判らない政治家ばかり。

 

何かそんな風になってきている気がするのです。

 

政治家にクリーンさは必要です。

 

でも、あまりそこだけを求め過ぎても無理なんじゃないの?

と私は思うのです。

 

要は、10年先、20年先を見据えて、今の日本をどう立て直すか?

 

それを考えられる政治家をトップに据え、トップが仕事がしやすいような

閣僚を置くかどうか?

 

それに尽きると思うのです。

 

自民党は、政権与党である民主党や国民新党の閣僚からスキャンダルが

出る度に、総理の任命責任を問う!!なんてことをずっとやっています。

 

目的は任命責任を認めて、総辞職するか、解散するか?

それをさせたいだけの話。

 

でも、いつまでもそんな事ばかりやっていていいの?と私は思うのです。

 

それよりももっとしなければいけない事があるでしょ!! と。

 

例えば、竹島問題。

 

韓国の議員団15名が竹島に上陸したと言うニュース。

 

再三に渡る日本の抗議に耳を傾けず、自国の主張を繰り返すだけ。

 

しかも、韓国は全国民を巻き込んでいるのです。

 

以前テレビ放映されていましたが、韓国では小学校から竹島が韓国固有の領土であるという

教育をしているのです。

 

要は国を挙げての洗脳教育です。

 

事実を曲げて、自国に有利な情報だけを操作して、国民をそう思い込ませているのです。

 

日本もそうしろとは言いませんが、ただ思うのは、正しい歴史認識に基づいた歴史教育は

必要だという事です。

 

今の日本の歴史教育は相も変わらず、縄文、弥生時代から教えています。

 

そして三学期になって、ようやく現代史になりますが、三学期というと

入試、卒業式などの学校行事が立て込んでおり、尻切れトンボであまり

深い部分まで授業をしないという現状があります。

 

極論ですが、今の時代を生きるのに縄文、弥生時代はそれほど重要では

ないのです。

 

むしろ、幕末からの近代史、そして昭和以降の現代史を知る事の方が非常に

大切ではないかと私は思っています。

 

小学校や中学校、そして高等学校で、近代史、現代史を教えていれば

中学生でも、竹島問題や従軍慰安婦問題、尖閣列島問題、北方領土問題などが

わかるようになるのです。

 

日本人が、自国の領土を守っていくには、国民自体に領土に対する正しい認識が

不可欠であると私は思うのです。

 

繰り返しますが、今は任命責任云々という時期ではないのです。

 

そんな事をしている間にも、日本を取り巻く環境はますます悪化していきます。

 

韓国、中国、台湾、そしてロシア、これらの国々は今か今かと日本の固有の

領土を我が領土にしようと目論んでいるのです。

 

そんな事はない、いざとなれば米国が動いてくれる、国連が動いてくれるというのは

あまりのも楽観的な考えです。

 

米国も日米同盟があるものの、無条件で日本を助けてくれる訳ではないのです。

 

政治家もそんな事はわかっているはずです。

 

もはや今の段階では、どの党が、誰が、任命責任は誰に・・・そんな次元の話では

済まされないのです。

 

私達一般国民が政治に参加出来るのは、選挙しかない訳です。

 

誰を日本のリーダーに選ぶのか?

 

それは私達一人一人の有権者に与えられた大きな権利なのです。

 

近所の奥さんに頼まれたから一票を投じた、取引先の依頼で一票を入れた、

友人からの依頼で一票を入れた・・・・・・

 

もうこんな選挙ごっこは辞めにしないといけません。

 

日本が本当の意味で民主主義にならないといけないのです。

 

自分の耳で聞いて、目で見て、そして自分で判断して政治家を

選ぶという事です。

 

娘や息子が成人した時に、日本がどこかの国の植民地になっていた・・・

領土の半分を失っていた・・・・

日本という国がなくなっていた・・・・

 

そんな憂き目にならない為にも、国民一人一人がもっと見る目を養っていきたいですね。

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ