kazoku.jpg

最近始めた新たな取り組みとは?

私は年齢の割には、

チャレンジ精神が旺盛だなと思っています。

 

 

人生の半分以上は生きた私ですが、

まだまだしたいことは山ほどあります。



最近取り組み始めた事に、

瞑想や呼吸法があります。

 

呼吸法が何故いいかと云いますと、

普通の呼吸よりも酸素を

たくさん取り入れる事が出来るからです。

 

 

俗にいう丹田呼吸というものですが、

そこまで厳密に行っている

訳ではありません。

 



 

時間がある時に、10分とか15分間の間だけ、

鼻から深く息を

吸い込み、そして時間をかけて口から吐き出す。

 

息を吸い込んで胸いっぱいまで吸い込んだ時に、少しだけ

丹田に酸素を送ってあげるという感じで行っています。

 

普通の呼吸というのは、短い呼吸なので、

深く長い呼吸をすると

なると慣れないと出来ないと思います。

 

 

でも、何回かやっていると出来るようになります。

 

今日はいつもより、時間があったので、ヒーリングの音楽を

聞きながら、1時間ほど瞑想と呼吸法を行いました。

 



瞑想と呼吸法のいい所は、

終わった時にゆったりとした気分に

なること、頭がすっきりすることです。

 

これは、普段の呼吸よりも酸素を大量に

脳や体内に取り込んだ

結果だと思います。

 

脳には勿論栄養が必要ですが、

それ以上に大量の酸素も

必要です。

 

何故、そんな事をするかと云いますと、もっともっと

自分の能力を伸ばしたいと思っているからです

 



 

また、正しい努力をすれば

人間の能力は計り知れないほど

伸びると信じているのです。

 

最近取り組み始めたもう一つの事があります。

 

それは、右利きの私が、食事をする時は、出来るだけ左手を

使って食事をするようにしていることです。



 

普段は右利きですから、ほとんど右手を使う習慣がついています。

 

ということは、左脳しか使っていないという事になります。

 

右脳にはまだまだ眠っている能力があると私は信じています。

 

その能力を呼び覚ます為には、何かきっかけを与えるあげる

必要があります。

 

その一つの取り組みが左手を使うという事です。

 

滅多に使わない左手なので、多少違和感はありますが、

これも慣れです。

 

一週間も続けていると、結構器用に使えるようになるではないですか!!

 

人間の能力なんて本当に使えば使うほど、発達するなと自分でも

感心しています。

 

肉体もそうです。

 

筋トレを初めて三年くらい経ちますが、今では腕立て伏せが70回、

腹筋なども六つに割れています。

 

40歳を超えて、そこまでする必要もないのですが、これは

完全に趣味の世界です。

 

どこまで鍛えられるか、自分の体を使って

テストしているという感じです。

 

自分磨きというのは、やってみるとハマります。

 

生きている間に、

自分の満足のいくような自己を確立したいですね。

 



 

 

 

 

 

 

 


人生の地図を作り、理想のライフスタイルを叶える方法

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ