kazoku.jpg

外国人からの献金問題、そんなことよりも・・・・

日本のマスコミの政治家叩きは相当なものだと思います。



少し前は、民主党の前原氏が外務大臣時代の話。

 

韓国人からの献金問題が浮上し、辞任。

 

それからも、政治家の献金問題は後を絶ちません。

 

昨日は、自民党の石破茂幹事長の外国人献金問題が浮上しました。

 

このように、政治家も大物になればなるほど、マスコミから執拗な

追究を受け、下手をすれば何十年も前の女性問題まで明るみに出る

場合もあります。

 

 

確かに人道的に許せない部分や、法律に違反しているのはわかるけど・・・・

 

それを追究した所で、どうなるの?

 

代わりの政治家はいるの?

 

と私は思うのです。

 

そんな重箱の隅を突くような事ばかりしないで、もっと他にやることが

あるのでは?・・・・・・と思うのです。

 

 

今の日本はいろんな問題を抱えています。

 

それはすべての政治のせいでもなければ、政治家が無能なせいとばかりは

言えないのです。

 

もっと私たち国民が意識レベルを高めて、いろいろなことに関心を持ち

取り組んでいかないといけない。

 

特に子育てはそうですね。

 

子供は親の背中を見て育ちます。

 

子供が尊敬し、親の真似をするような生活態度を作ることも大切です。

 

私の家庭では、ほぼ毎日夕食の支度は、家族全員で行います。

 

料理を作るのもそう、テーブルを出したり、食器を並べたり、食事が

終わった後の片付け 等々。

 

みんなで行うのです。

 

それが当たり前になっています。

 

そこから、何を学べるか?

 

まずは家族としての連帯感。

 

家族で協力して一つの事をやっていくという協力関係の構築。

 

そして、テーブルの出し方、布巾の使い方、片付けの仕方、料理の作り方

色々な事を日常生活の中で身に付けることを目的にしています。

 

小さい頃から、食べる事に関する事が習慣化すると、成長が加速すると

感じます。

 

そして、その結果、独立心が育ち、親離れするのが早いのではないかと

感じるのです。

 

いずれ子供は親から巣立っていきます。

 

それが早いか、遅いかだけの事です。

 

私の場合は、二人の子供は40歳を過ぎてからの子供です。

 

自分の年齢を考えると、少しでも早い段階で親離れさせたいという

気持ちがあります。

 

森を見ながら、木も見るという考え方で、これからも子育てに

取り組んでいきたいと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ