kazoku.jpg

いじめ問題に本気で取り組む!!

先日、滋賀県の大津市で起きた「いじめ自殺」の事件から丸一年が

過ぎました。

 

でも、まだ真相は半分も解明されていないと言います。

 

生徒は問題意識が高まり、色々な取り組みを自主的に

行っています。

 

問題は教育委員会や学校当局の取り組み方です。

 

いじめ問題をもっと根本的に見直し、二度と同じ事が起こらないように

取り組まないといけないのです。

 

それが失われた、貴重な子供の命に対する償いです。

 

あの事件以降も全国各地でいじめを苦にした子供達の自殺は

相次いで起こっています。

 

これは既に大きな社会問題であり、国や地方自治体、教育機関が

本腰を入れて、いじめ問題を根絶していかねばならないのです。

 

家庭においても、いじめの芽はあちらこちらにあるということをもっと

自覚する必要があります。

 

子供が自らの命を絶つという結末をこれ以上作ってはいけないのです。

 

子供達に無限の可能性を持っている自覚を与え、それを自分の力で

育み、開花させていく。

 

親としてこれほど嬉しいことはありません。

 

もっと子供と接しましょう!!

もっと子供と話しましょう!!

もっと子供と遊びましょう!!

 

そこには新たな発見、大きな発見が必ずあります。

 

それを見つけた時、あなたは普段の生活をもっとENJOY出来ますよ!!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ