kazoku.jpg

人間としての潔さ、あっぱれ城島選手

9月29日は何の日かご存知ですか?

 

 

いきなりですが、答えをいいます。

 



 

阪神の城島選手の引退試合の日でした。

 

 

私が何故、城島選手の話題を取り上げるか?

 

 

それはあまりにも人間としての潔良さを感じたからです。

 

 

阪神ファンなら知っていることですが、城島選手は四年契約で

阪神に入団しました。

 

 

でも、三年契約で引退を発表し、9月29に二軍で引退試合を

したのです。

 

 

城島選手の年棒は四億円です。

 

怪我をして試合に出れなくても、年間に四億円の給料が

支払われるのです。



 

別に今引退しなくても、来年契約満了した時点で引退を

発表しても良かったのです。

 

 

でも、彼はそれをしなかった、、、、、、

 

 

捕手を出来なくなったら引退すると自分の心に決めていたそうです。

 

 

少し前に膝の手術をして、リハビリをしていましたが、経過が良くなく

自分でもう捕手は出来ないと決断したと思うのです。

 

 

それで今回の引退発表と引退試合。

 

 

年棒四億円を捨ててまで自分の信念に従ったその潔さ。

 

 

確かに普通のサラリーマンの10倍の年棒を貰い、これまでも

普通の人間の生涯賃金の数倍稼いできた城島選手ですが、それでも

人間というものは欲深いもの。

 

 

なかなか四億円もの現金は捨てられないと思うのです。

 

でも、それを彼を捨てた。

 

 

私はアッパレと言いたいです。

 

 

私はまだまだ発展途上ですが、もし私が城島選手の立場になったらな

同じ事をしたいと思います。

 

 

何故なら、男として潔いじゃないですか!!

 

カッコいいじゃないですか!!!

 

 

男としての気概見習いたいですね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ