kazoku.jpg

秋は運動会の季節です。それと共に子供の成長を実感できる日でもあります。

秋はどこに住んでいても運動会の季節です。

 

九月の半ばから十月の初旬にかけて各地で運動会が開かれます。

 

私の娘と息子も、昨日運動会を迎えました。

 



 

子供たちの楽しみはまずはお弁当です。

 

ちゃっかりしている娘まゆりんは、前日にママにおかずの

リクエストをします。

 

負けじとこうちゃんも自分の好きなおかずをリクエストします。

 

ママは大変です。

 

二人のリクエストに応えながら、栄養のバランスを考えながら

お弁当を作らないといけません。

 

ママ、いつもお疲れ様です。

 

さあ、いよいよ運動会です。

 

先日もご紹介したように今年の運動会は不覚にも

休暇届を忘れていた私は見に行くことが出来ません。

 

まさしく一生の不覚です。

 

大げさに思えるかもしれませんが、私にとっては家族や

子供のイベントの方が大切なのです。

 

若いころは仕事人間でしたが、いろいろな経験を積み重ねる中で

家族の大切さを実感して以来、私は家族を本当に大切に

するようになりました。

 

今年運動会に行けないお詫びとして、10月の初めにハイキングに

いく事にしました。

 

それで、今回のパパの失敗を許してね。

 

でも、運動会というのは、子供にとっても大切な

行事ですが、親にとっても同じです。

 

 

特に母親は、 ・怪我をしないだろうか?

・天候は大丈夫だろうか?

・お弁当を食べすぎてお腹壊さないだろうか?

 

などなど、心配事はいっぱいあります。

 

でも、それらの心配事はすべてクリアして無事運動会は

終わりました。

 

ママが途中でメールで実況報告してくれましたので、生で

運動会を見ているような感じでした。

 

子供たちの元気そうな笑顔、そして手作りの美味しそうな

お弁当、そして赤組と白組に分かれてしまった二人ですが

引き分けという最高の結果にしてくれました。

 

 

ママのメールの一文です。

「泣けてきちゃうわ、大きくなったなぁ、子供たち」

 

それに対して、私はこんなメールを返しました。

「まだまだこれからだよ。

しっかり育てていこう 」

 

はい、よろしくお願いします。

 

短いやりとりですが、こんなやりとりがありました。

 

 

子供を通じて、夫婦の絆を感じた、やりとりでもありました。

 

子供を育てるのは本当に大変です。

 

赤ん坊から小学生に育てるまででも、大変なことがいろいろと

ありました。

 

 

でも、子供たちは、子育ての苦労に報いてくれるように

すくすくと元気で、まっすぎに育ってくれています。

 

 

本当に有難いと思います。

 

苦しいと感じることもある子育てですが苦しみの後には

必ず楽しい、ワクワクするという感情も生まれるものです

 

 

何よりも子供と一緒に親である私たち親も一緒に成長出来ることが

子育ての醍醐味ではないかと思うのです。

 

 

これからも子供を育てる事を通じて、いろいろなことを

学んでいきたいと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ