kazoku.jpg

私の躾の方針その②人間として礼節を教える~まずは挨拶

私の躾の方針、その②です。

 

私は人間として生きていく上で、礼節は欠かせないものだと思っています。



特にこんな世の中だからこそ、礼節は欠かせないと思うのです。

 

そして、礼節の中で最も大切なしなければいけない事~

それは挨拶です。

 

朝起きたら「おはよう」 昼間だったら「こんにちわ」 夜になったら

「こんばんは」

 

当たり前の事なのです。

 

ですが、この当たり前の事が出来ていない若者が非常に多いのも現実です。

 

何故か、それははっきり言って親の躾が出来ていないからです。

 

今就職した企業では、何から教えるか?

 

挨拶から教える企業が多いのです。

 

まずは、挨拶から教える、そうでないとお客さんからのクレームになるのです。

 

これからどんな世の中になるか誰にも予想が付きません。

 

でも、どんな世の中になったとしても、人間が生きている限りにおいては

挨拶はどんな環境においても不可欠なのです。

 

私と妻は、子供たちが幼い頃から、徹底的に挨拶を教えてきました。

 

と言えば、すごく大げさに聞こえますね。

 

全然大したことはしていないのです。

 

朝子供が起きた時に、「まゆりん、おはよう」 「こうちゃん、おはよう」と

声をかけるだけです。

 

たったこれだけの事なのです。

 

あれから数年が経ちました。

 

子供達は朝起きると、元気良く挨拶してくれます。

 

「パパおはよー」  「ママ、おはよー」って。

 

我が家では毎日それが当たり前なのです。

 

そして学校に出かける前は、必ず「行ってきまーす」

帰宅したら「ただいまー」といつも元気良く声をかけてくれるのです。

 

簡単な事をただ継続するだけで、子供達はそれを真似して育っていくのです。

 

でも、一つだけ困った問題があるのです。

 

元気が良すぎて、道行く知らないおじさんやおばさんにも

「おはようございます」 「こんにちわ」と挨拶するのです。

 

「知らない人にまで挨拶しなさい」 なんて事は教えていないのですが・・・(困)

 

まあ、いいか今の所は・・・と思っています。

 

子供って可能性のかたまりです。

 

少し我慢強く教えただけで、いっぱい可能性が広がっていくのです。

 

子育てって本当に楽しいですね。

 

私達家族はこれからも、自分達の可能性を追い求めてENJOYしていきます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ