kazoku.jpg

私の躾の方針~その①子供は元気でなくてはならない

今日から何回かに渡って、

「私の躾の方針」と題して

私の子供に

対する「躾の方針」を

シェアーしていこうと思います。

 



 

まず一回目は

「子供は元気でなくてはならない」

というテーマで

お話していきます。

 

 

今私には、娘まゆりん、

そして息子こうちゃんの

二人の子供がいます。

 

 

二人ともこの世に生を受けて以来、

大きな病気もしないですくすくと

育ってくれました。

 

 

気がついてみると娘は

小学校三年生、下は小学校一年生に

なっています。

 

健康でここまで育ってくれたことに

本当に感謝します。

 



 

私は二人が幼い頃から

常に言ってきたことがあります。

 

 

それは

「どんな時でも元気に振舞おう」

という事です。

 

 

「元気があれば何でも出来る」

というのが私の躾の第一方針なのです。

 

実際に子供達には、

いつも元気良く、

元気があれば何でも出来る と

教えてきました。

 

でも、幼いうちは、

子供は危険な事を

ついついしてしまうので

親から怒られることも多いものです。

 



 

私も子供が幼い頃は、

親としての未熟さもあって感情的に

怒ってしまった事も

随分とありました。

 

でも、怒った後に

必ず言ったことがあります。

 

「何故パパが怒ったか判ったかい」

「判った人、手を挙げて・・・・」

「はーい (元気がない返事です)」

「んー、元気がないなー」

もう一回聞くよ。



「判った人、手を挙げて・・・・」

「はーい、(すごく元気がいい返事です。)」

「よーし、元気がいいなー。」

「じゃ、怒るのはこれでおしまい。」

「じゃ、一緒に遊ぶよ。」

 

何かを

しでかして怒った後は、

たいがい こんな感じの

会話で終わるのです。

 

そしていつもと同じように、

一緒に遊ぶ。

 

さっきまで怒られていた事なんて

もう忘れています。

 

それでいいのです。

いつまでもぐじぐじと怒るのは

子供にとってマイナスだからです。

 

そういう事を幼い頃から、

幾度となく繰り返してきたせいか

我が家の子供達は、すごく元気です。

 

子供がいつも元気で朗らかだと

親も元気が出ます。

 

まさに相乗効果です。

 

そして、子育てを楽しくENJOY出来るのです。

 

 

子育てってワクワクしますね。

これからどう育ってくれるのか、

家内ともどもワクワクの毎日です。

 



 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ