kazoku.jpg

適度な違い、適度なつり合い

最近タレントの藤田紀子さんと

ピース綾部さんの熱愛が報じられている。

 



 

私は正直申し上げて、

芸能界のゴシックには殆ど興味がない。

 

でも、今回はあえてこの記事を取り上げました。

 

 



このカップルが本当に

熱愛しているのかどうか

真偽のほどはわかりません。

 

が、もし事実なら年の差が

34歳と驚くべきものです。

 

最近では、そんなの珍しくないと

言われる方も多いと思いますが、でも

現実に自分の家族がそうであればどうでしょうか?

 



 

自分の娘や息子が

極端に年上、極端に年下の

彼氏や彼女を連れてきた

場合、親としてどう向き合えばいいか?

 

これは現実問題として、

どこの家庭でも、誰でもあり得る事だと思うのです。

 

 

 

実際、私と妻とは年齢差は七歳あります。

 



 

これを世間では、

多いと見るか少ないと見るかはわかりませんが・・・・

 

 

 

 

あなたなら、

二十歳になった娘が

突然50歳になった男性を連れてきて、その

男性から、「お父さん」と呼ばれたらどうしますか?

 

 

また

20歳になった息子が

突然、54歳の女性を連れてきて結婚したいと

言い出したらどうしますか?

 

 

はて、私だったらどうするだろうか?

 

 

 

将来の子供の為を考えて、

やっぱり反対するだろうなーと思うのです。

 

年の差はいくつまでという規定は

勿論ありません。

 

世の中には、20歳ほどの年の差があっても、

子供をもうけ、仲よく夫婦生活を

続けているカップルもたくさんいます。

 

芸能界にもそんなカップルは

数組いると思います。

 

でも、芸能界と一般家庭とは

多少事情が違います。

 

金銭的な事や居住環境、その他、

その家族を取りまく様々な環境が

一般の人とは大きく変わっているのです。

 

 

私は親として目先の事も見ながら、

襲来のことも考える。

 

そんな複眼的な視点を

持たないといけないと思っています。

 

 

 

何故なら、子供は親に比べて

社会経験が少ないからです。

 

20歳の時にわからなくても、

30歳になってわかること、

40歳になって

分かることはいっぱいあります。

 

 

 

子供がその年齢でわからない事は、

将来こうなるよ、ああなるよと

諭して間違った判断をしないよう

導く事も必要なのです。

 

 

私は自分の娘や息子が結婚する段階になって

望むこと、

それは

日本人であること、そして年の差が五歳前後であれば

嬉しいなと

思っています。

 

ただ、これは現段階での私の意見です。

 

人によってこれが異なるのは当然の事です。

 

私自身の意見も近い将来変わることだってあり得ます。

 

将来どんな彼氏や彼女を連れてくるのか?

 

楽しみであり、少し怖い部分でもありますね。

 



 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ