kazoku.jpg

夏休みとパパからの宿題

 

先日から、家族でしばらく旅行していました。

 

三日ぶりくらいになるでしょうか?

 

私にとっても久しぶりの休みを取ることが出来ました。

 





 

朝から温泉につかり、

昼間からビールを飲み、

子供たちと遊び、久しぶりに

好きなマンガを読み、

妻とも仕事の打ち合わせが出来ました。

 

充実した二日間でした。

 

 

子供たちは学校から出されている

宿題は

とうの昔に終わったとの事。

 

今はやることがなくて、毎日殆ど児童館へ

遊びに言っているという事を聞きました。

 

んー、これはいけない。

 

いくら宿題が終わったとはいえ、

あと二週間はある夏休みに

全く勉強をしないというのも

考えものだ。

 

と思った私はパパからの

宿題を出すことに決めました。

 

 

旅行の途中に立ち寄った書店で、

一時間ほど小学校低学年用のドリルを探しました。

 

そして、見つけました。

 

適度な薄さと内容のものを・・・

 

子供たちには早速パパからの宿題があると説明。

 

その際に、おもちゃを

一つずつ買い与えることにしました。

 

おもちゃを買ってあげるから、それで遊んだらいいよ。

 

いっぱい遊んで、いっぱい食べて、

そしていっぱい勉強もする。

 

 

残りの夏休みをしっかり過ごそうね。と話をしました。

 

子供たちの返事はと言うと・・・・

 

勿論、「はーい、パパ」と言ういい返事が返ってきました。

 



 

時間は有限です。

 

大人になればなるほど、

時間はあっと言う間に過ぎ去ってしまいます。

 

子供たちと一緒に過ごせる時間も

あっと言う間に過ぎてしまいます。

 



 

親がいなくなっても、一人になっても

立派に成長していって欲しい・・・

 

これは子供を持つ親が皆持っている

願い

だと思います。

 

私の娘と息子は、私から与えられた宿題を

旅行が終わった翌日から

やっているとママから報告を受けました。

 

素直ないい子供に育っている、、、ありがとう。

 

ここまで子供を育ててくれてありがとう、

 

そしてパパは家族を守るために

これからも精一杯努力していきます。

 



 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ