晴天の霹靂とはまさにこの事だなー!

 

まゆりん、こうちゃん、こんばんは。

 

と云っても、こんな深夜なので寝ていると思います。

 



 

昨日はママと電話で

二時間ほど話してしまいました。

 

家族の事、仕事の事、

これからの生活設計の事、

話し出すと切りがありません。

あっという間の二時間でしたね。

 



 

昨日は夜勤で夕方に出勤しましたが、

休憩時間になり何げなく

テレビを付けて、いつも見る

ニュースアンカーを見てみると

恐ろしいニュースが・・・・・

 



 

あのパナソニックが業績悪化の為に、

本社にいる約7000名の

社員のうち、半数をリストラするとの事。

少し前は、企業戦士などと言って、

もてはやされていたが

今はそんな言葉さえなくなってしまった。

 

 

 

もはや大企業に就職したといっても、

生活の保障や将来の

安定さえも見込めない時代になってしまった。

 

数十年前までは、企業戦士といわれた人たちは、

自分が

就職した企業に忠誠を尽くす、

その見返りとして終身雇用が

約束され、それは同時に生活の安定であり、

老後の安定に繋がった。

 

 

でも、今はパナソニックなどの

世界企業でさえ、平気で何の

前触れもなく社員を

リストラする時代になってしまった。

 

 

一体何が悪いのか?何がどうなっているのか?

 

 

 

一つの原因は、今いる人間の

価値観が完全に変わって

しまった、その結果、

従来必要とされていたものが売れなく

なってしまったということだ。

 

 

 

これからの世の中は本当にどうなるかわからない。

 

 

 

誰もが今の生活や、

将来に不安を抱えて生きていかねば

ならなくなった。

 

私の持論であるが、

もはや国や会社、あらゆる組織は当てに

ならないという事だ。

 

 

いくら組織に忠誠を尽くしたとしても、

いつ首を切られるか

わからない。

 

 

そんな組織に自分の大切な、

たった一度しかない人生を

預けられるか?ということだ。

 

 

じゃ、どうして生きていくか?

 

 

 

自分の価値を高めていくしかない。

それが私の結論だ。

 

 

一つの事に秀でれば、生活には困らない。

 

プロスポーツ選手がそうだ。

 

一番わかりやすい例は、マリナーズのイチロー選手だ。

 

 

 

誰にも真似出来ない

特別なスキルを身に付けたからこそ、

世界トップレベルでい続けることが出来る!

 

 

私達もそうならないといけないと思う。

 

 

ただ、私達はイチローと違って、普通の人間、凡人だ。

 

 

でも、凡人でも出来る事はいくらでもある。

 

 

自分の好きな事、得意な事を 

伸ばしていけばいい。

 

 

そのスキルを誰にも

真似できないレベルまで伸ばしていくことが

出来れば一生困らない。

 

 

 

そして、そのスキルは誰でも

 

潜在的に持っているし、やる気さえ

 

あれば誰でも伸ばすことが出来る。

 

 

 

まゆりんとこうちゃんは何が好きですか?

 

 

将来どんな事がしたいですか?

 

 

まだ小学校低学年と言えど、

国の惨状を考えれば

ぼちぼち

そんな話をしていっても

いいかなと思う。

 

 

 

 

 

2012年8月14日

このページの先頭へ